google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(9)

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...

申し込み期限:令和3年2月26日
防衛省防衛研究所
「東アジア戦略概観2012」英語版の刊行及び翻訳・印刷製本等役務
http://www.nids.mod.go.jp/procurement/ippan/pdf/2021/20210204_1.pdf

 本契約の選定は提出資料を元に選考する指名競争入札である。
 防衛研究所は防衛省のシンクタンクであり、東アジア戦略概観は毎年刊行されている。
 自衛隊にも米軍への留学者や在日米軍との渉外に関わる者がいるが、英語の堪能な者は限定される。私は空自の経験しかないので空自しか知らないが、留学者に対する英語教育は小牧の第5術科学校が行い、航空自衛隊英語技能検定を実施していたのは奈良の幹部候補生学校だった。それでも、人数や能力が足りないということなのだろう。もっとも私自身、日頃の部隊勤務で英語を使う機会は殆ど無かったが。
 印刷製本なら、陸上自衛隊の印刷補給隊や、航空自衛隊の教材整備隊でもできるとは思うが、これも手が足りないということかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。