google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「システム」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:21.12.2-1)「冷戦英国SLBMポラリス・システムの更新―CASD態勢をめぐるサッチャー政権の相克―」『安全保障戦略研究』(防衛研究所)第2巻第1号(2021年11月)掲載
(資料番号:21.10.1-2)「米海軍、無人システムの運用に特化した任務部隊中東に新設」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム205 2021/09/28)
(資料番号:21.9.26-2)「新たなミサイル防衛システムの整備に関する防衛大臣指示」(防衛大臣指示第12号 2020年12月18日)
(資料番号:21.5.21-4)「研究メモ(29-9)米空軍の『機敏な作戦展開(ACE)』システムの形成と発展」(2018年3月28日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター) 作戦→
(資料番号:21.5.4-1)「陸上自衛隊クローズ系グラウトシステム等における特定秘密電磁的記録及び秘密電子計算機情報の共有要領について(通達)」(陸幕情第155号 2020年8月21日)
(資料番号:20.12.21-1)「新たなミサイル防衛システムの整備等及びスタンド・オフ防衛能力の強化について」(2020年12月18日 国家安全保障会議決定 閣議決定) ミサイル→
(資料番号:20.5.13-2)「CSBAが“Mosaic Warfare(モザイク戦)”のレポートを発表―AI自律システムの軍事的将来像―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム078 2020/04/21) 将来→
(資料番号:20.4.22-2)「米ポ同盟における戦略価値交換の成功例―基地代替ツールとしてのMDシステム―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第8巻第1号(2018年7月)掲載
(資料番号:20.4.6-3)「作戦システム管理群の活動と評価用器材等について」『そうび』(空自補給本部)No.185(2016年2月)掲載 評価→
(資料番号:19.5.29-1)「人工知能(AI)第2次ブームと軍用システムへの応用―エキスパート・システムによる判断支援の試みと限界―」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2019年5月号 システム→
(資料番号:19.3.14-6)「平成27年度宇宙状況監視システムの基礎的運用研究成果報告」(開発集団研第11号(28.6.28)別冊)
(資料番号:19.3.8-2)「無人兵器システムにおける自律性(Autonomy)の利点と欠点」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ コラム132 2019/03/05) 兵器→
(資料番号:18.8.1-1)「陸上配備型イージス・システムイージス・アショア)の構成品選定結果について」(2018年7月30日 防衛省)4.評価方法 (2)第2段階評価 「基本性能」、「後方支援」、「経費」及び「納期」の4要素で提案内容を分析 評価→
(資料番号:18.7.19-1)「防衛宇宙システムの現状と今後の動向」『鵬友』2018年1月及び3月号連載 7 技術開発(新しい技術動向) 技術→
(資料番号:18.3.29-2)「ロシア地対空ミサイルシステム『ストレラ-10』」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2017年9月配信記事 ロシア→
(資料番号:17.4.4-1)「韓国へのTHAADシステム配備―経緯と課題」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第58号(2017年3月28日) 韓国→
(資料番号:16.9.8-2)「〈38ノース北朝鮮、SLBM発射実験は固体燃料システムか」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2016年5月配信記事 北朝鮮→
(資料番号:15.9.14-1)「無人偵察機システム(平成21年度以降納入型)」(陸上自衛隊訓練資料第3-03-04-71-21-0号)
(資料番号:14.10.24-1)「自動警戒管制システム(JADGE)―わが国の防衛における役割の拡大―」『鵬友』2014年7月号掲載
(資料番号:14.9.22-5)「宇宙状況監視システムの基礎的運用研究について(通達)(登録報告)(登録外報告)」(空幕技第352号 25.10.23)
(資料番号:14.5.8-3)「『防衛省・自衛隊が運用又は利用する衛星システム等の機能を阻害するリスク及びその対応策に係る調査研究』報告書」(平成25年度防衛省委託研究) 衛星→ リスク→
(資料番号:14.4.30-3)「航空自衛隊の電子戦態勢―戦闘機搭載用システムと組織の変遷―」『鵬友』2013年5月号掲載 戦闘機→
(資料番号:14.4.17-5)「防衛省・自衛隊の宇宙状況監視システムに関する調査研究報告書」(平成25年度防衛省委託研究) 調査→
(資料番号:13.12.3-2)「起案の手引(一元的な文書管理システム対応版)」(平成25年 防衛省大臣官房文書課)
(資料番号:13.10.2-1)「集団的自衛権の行使に関する質問&答弁書」(内閣衆質184第5号 2013年8月13日)グアムや米国本土へ向かうような弾道ミサイルは飛翔高度が高いため、我が国の弾道ミサイル防衛システムでの迎撃が困難であることを認める。
(資料番号:13.6.11-3)「地対艦ミサイルシステムの海上自衛隊輸送艦での輸送要領について」『FUJI』2013年1月号掲載
(資料番号:13.4.22-1)「宇宙基本法と人工衛星空中発射システム」(防衛研究所平成22年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:13.3.5-4)「幹部自衛官人事システムの合理性―幹部の昇進システムの検証―」『陸戦研究』2012年11~12月号
(資料番号:13.1.10-2)「中国国家海洋局釣魚島海域等を監視範囲とする監視観測システムを整備」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年9月配信記事
(資料番号:12.6.5-2)「特集:事務共通システム」『そうび』(空自補給本部)第168号(2011年9月)掲載
(資料番号:12.5.23-3)「Exploiting Unmanned Aircraft Systems」(Headquarters U.S. Air Force 1 February 2010)
(資料番号:12.5.23-4)「無人機システムの開発」(米空軍司令部 2010年4月21日)(資料番号:12.5.23-3)を空自が部外に委託して翻訳させたもの 無人機→ 開発→
(資料番号:12.4.12-4)「宇宙基本法と人工衛星の空中発射システム」(防衛研究所平成22年度基礎研究成果報告書) 衛星→
(資料番号:11.1.24-3)「統合幕僚監部及び自衛隊指揮通信システム隊の文書管理規則」(平成20年自衛隊統合達第35号) 指揮→ 通信→
(資料番号:10.7.16-1)「BMDシステム総合検証実施構想について(通知)」(統幕運1第293号 21.6.29) 構想→
(資料番号:10.7.16-2)「BMDシステム総合検証(シミュレーション)について(通達)」(統幕運1第294号 21.6.29)

軍事民論』第661号(11月18日発行)…5頁
2050年頃の海上自衛隊無人機・無人システム―海幹校「特命研究」より

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。