google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(85)医療用シューズ男女兼用 467足

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...

入札日:令和3年5月17日
陸上自衛隊補給統制本部
医療用シューズ男女兼用
https://www.mod.go.jp/gsdf/gmcc/raising/hoto/hnyu/21hm022.pdf
https://www.mod.go.jp/gsdf/gmcc/raising/hoto/hnyu/21hm022s.pdf

 (84)同様、この調達に注目したのは納期が5月20日と急いでいる点である。したがって大規模接種センター用ではないかと疑ったわけだ。
以下(84)
https://sucanku-mili.club/%e8%87%aa%e8%a1%9b%e9%9a%8a%e8%aa%bf%e9%81%94%e5%b7%a1%e3%82%8a%ef%bc%88%ef%bc%98%ef%bc%94%ef%bc%89%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e8%a1%a3%e4%b8%8a%e4%b8%8b%e5%8f%8a%e3%81%b3%e8%a8%ba%e5%af%9f%e8%a1%a3%ef%bc%88/907/
 ただ総数が467足となる。(84)での診察衣や看護衣の合計は男性用2114着と女性用1231着だから合計で3344着であり、これと関連付けると、まあシューズはそれ程履き替えたりはしないだろうが、この数字から見ると少なすぎるように感じる。診察衣と看護衣の合算のクリーニングの数は1日当たり東京と大阪で300近い数字だった。必ずしもこれを見る限り必ずしも大規模接種センター用ではない可能性も捨てきれない。
 ちなみに日本人の足のサイズの分布は次のとおりだ。靴のサイズはcm数値は%である。
22.5以下 男0 女15 23.0 男0 女22 23.5 男1 女27  24.0 男2 女17 
24.5   男14 女14 25.0 男15 女3  25.5 男25 女2  26.0 男16 女0
26.5    男16 女0 27.0 男7 女0  27.5 男3 女0  28.0以上 男2 女0
靴についてのアンケート・ランキング
https://chosa.nifty.com/hobby/chosa_report_A20131122/2/#:~:text=%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%AF%E3%80%8C25.5cm%E3%80%8D%E3%81%8C,%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82&text=%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%AF71%EF%BC%85%E3%81%8C,%E3%81%A7%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AD%E3%80%82
 分布を見ると、男は25.5を中心に、女は23.5を中心とする、正規分布的な其々の山となっている。もしこれを足し合わせると3つの山が出来そうである。
 今回調達するシューズの個数と割合については次の通りである。男女兼用なので男女には分けていない。順番はcm、足、%である。
22.0 4 0.86,22.5 6 1.28, 23.0 27 5.78, 23.5 34 7.28, 24.0 34 7.28,
24.5 36 7.71 ,25.0 45 9.64, 25.5 64 13.70 ,26.0 64 13.70 ,26.5 71 5.20,
27.0 45 9.64 ,27.5 18 3.85, 28.0 15 3.21, 29.0 4 0.86

 25.5cmがほぼ中央値となり、山は部分的な局地ができるものの、日本人の足サイズ程の明確な双頭と言えるまででなく、幅の広い山となる。 日本人全体の分布では24.5cmだから1cmほど大きい分布のようだ。分布的には86%が含まれる±σの範囲が23.5~27.0と非常に広い。2σの範囲は27.5~23.0、全体が3σに入る。
 おそらく服の男女比がほぼ2対1だったから、その影響により女子の山が合わさっても目立たたないのかもしない。だから広い分布なのだろう。やや日本人の足のサイズより大きめ側に偏っているようにも見える。
 このような分布になるのは、採寸した数で調達したからだろう。いずれにしても診察衣等や医療用シューズを着用するのは自衛隊の中でも限られた隊員である。やはりこれだけの数量を調達するのは通常の調達ではないのではないか。ちなみに陸上自衛隊の医官定数は779名なのだそうだ。単にストックを満たすだけの調達であれば、ロット毎にまとまった数の単位なるだろうから、分布が崩れることもあるだろう。BtoBの取引というのは通常、端数を出さない。段ボール毎の売買だからだ。
 仕様書に例示されている「アシックス ナースウォーカー202」は下のとおりである。販売価格は1足6千円前後の様だ。
https://www.monotaro.com/g/00953151/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=444-222-6300_6447630660&utm_content=76684657183&utm_term=b_381836004869_x_aud-907170561978:dsa-1007490361352&gclid=Cj0KCQjw7pKFBhDUARIsAFUoMDYfFZdM1c_wJayCXQw779ohorULiJrsQNPjVQ9Y84lLS99jRZ6_xmQaAg_rEALw_wcB
 被服というのは、通常は官給品でも消耗品として取り扱われる。いずれ返納するのであるが、裁断されて破棄されるか、作業服などは塗装作業用にされることが多い。どうしても傷むから、そのままの用途で使われることはまずない。靴などは他人の着用したものをあまり使いたくないだろうから、概ね人数を反映した数字なのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。