google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(39)胃集団検診

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...

入札日:令和3年4月14日 
海上自衛隊第1術科学校
胃集団検診
https://www.mod.go.jp/msdf/bukei/k5/nyuusatsu/03-1-0565-0200-8002.pdf

 私は海上自衛隊の調達については、あまり詳しくないが、これは地区隊ではなく、学校となっている。同じ学校でも赤レンガで有名な海上自衛隊の幹部候補生学校もあるから、江田島地区については第1術科学校が行っているようだ。
 ところで胃集団検診であるが、これは一般に企業などでも事業所で行われている従業員に対する健康診断と同じだろう。自衛隊では自衛隊法により適用除外となっている法律があり、労働基準法などが適用除外となっているのだが、労働安全法については適用されているようだ。私も航空自衛隊で現役時代に、労働安全法に基づく健康診断が行われているのを体験している。
 確か、希望で胃カメラとバリウムによるX線検査を選択できたと思う。どちらにも不得手な胃癌があって本当は両方やるのが一番良いようだが、前夜から食事できないのが何より辛かった。逆に検診後に下剤を飲むのだが、2錠渡される内、私は1錠しか飲まなかった。2錠飲むと、全て出し切っても、まだ胃腸が出そうするのが辛かったからだった。
 調達を掛けるのは、どうやら自衛隊は、胃検診用のレントゲン装置を持っていないのではないだろうか。自衛隊病院のある基地でも、これだけは検診車が来て検査している。MRIも脳波計もあるのに、その辺りのことはわからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。