google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(196)総火演 射撃空撮の役務(射場上空からの撮影、弾着地域からの撮影)

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



入札日:令和4年4月14日
陸上自衛隊富士学校
射撃空撮の役務(射場上空からの撮影、弾着地域からの撮影) 
https://www.mod.go.jp/gsdf/fsh/fin/koukokuekimu.files/E19.pdf
https://www.mod.go.jp/gsdf/fsh/fin/koukokuekimu.files/E19siyousyoa.pdf
 昨年と比べ射場が1機増えて3機になった。反対に弾着地域は1機減り2機となっている。実施場所は昨年同様、東富士演習場畑岡地区だ。
 射場用のカメラは3軸ジンバルを有すとあるが、着弾地域は単にジンバルとしかなっていない。どうやら射場の方は傾きを重視するのだろうか。砲身の仰角などを忠実に撮影したいのかもしれない。
 また高感度かつ夜間で撮影可能なものであることは共通であるが、射場用には赤外線と近赤外線のモード切替のできるものとなっている。昨年の要求では弾着地域に赤外線踏の高感度カメラを有するとなっていた。この項目はカメラにではなく、その他の項目に今年もある。

 赤外線と近赤外線というのは、正確には遠赤外線と近赤外線ということだろう。遠赤外を撮影するということはパッシブに常温のものを撮影したいということだと思う。近赤外ならアクティブに高温のランプで照射するのかもしれない。灯火管制時の射場での隊員の行動でも撮影するのだろう。
 カメラについては、動画モードで、FHD相当以上のものを出力できるということというのは射場、着弾地域とも同じである。
 下のサイトによると次のような規格だそうだ。

HDとFHD(フルHD)の違いって? 画面解像度の基本について
https://thingmedia.jp/9175

 FHDというのは動画の縦横のピクセル数が大きいという意味だ。その分、データ量は2倍になる。画素数1920×1080で、207万3600画素。ブルーレイ画質がFHDにあたるそうだ。YouTubeでは2009年からFHDに対応していて、現在殆どの動画がFHD対応となっているという。よく聞く4Kとか8Kというのは更に上の規格ということだ。
 機体については射場が最大伝送距離が2500m以上に対して、弾着地域は2000m以上となっている。また最大飛行時間が射場が30分以上で、弾着地域は1時間以上だ。弾着地域の方は防塵・防水機能を有するが加わっている。弾着地域がGPSを有するに対して、GPS等を有するとなっている。

 この当たりの違いは地理的な環境によるのだろう。GNSSについて弾着地点がGPSに限定しているのはなぜだろう。グロナス、ガリレオ、北斗、みちびきでは不都合があるのだろうか。精度ではむしろ北斗やみちびきの方が上とも言われているが、どうなのだろう。
 リアルタイムにHDMI又はHDSDiで出力できることや、オフラインで使用でき、サーバー等に位置情報や撮影記録を送信する必要がないことなどは両地域共通だ。
 HDMI又はHDSDiについては下のサイトに詳しい。

超初心者のための「HDMIって何?」
https://www.denon.jp/ja-jp/blog/9440/index.html

 HDMIとはHigh-Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェース)の略称で、デジタル家電やAV機器間で高品位な映像や音声をやり取りするため、2002年に半導体メーカーや家電メーカーが中心となって策定したインタフェースの規格なのだそうだ。全ての機器がHDMIケーブルで接続できるので、機器によって様々な種類のケーブルを用意する必要がないとのことである。また、「HDCP」というデジタルコンテンツの不正コピーを防ぐことを目的とした著作権保護技術を持っているとも書いてある。

いまさら聞けないHD-SDI
https://vplus.tokyo/tech_blog_s/vplus-tech_005/

 HD-SDI (High Definition-Serial Digital Interface) とは、ハイビジョンに対応したビデオ信号伝送規格のことで、アナログカメラと同じように同軸線で配線し、カメラと録画機を接続するだけでフルハイビジョン映像を無圧縮伝送する事が可能なのだそうだ。動きのある被写体に強いということである。
 結局、市販の規格であるから映像の使い勝手などを考えているのだろう。
 以上のとおり、昨年と比べても良く分からないが、何か方針の変化や昨年の反省などが反映されているのだと思う。
 ドローンについては近年、陸上自衛隊でも運用が始まっているが、民間企業の役務を利用するということは、撮影技術などまだ自信がないのだろう。あるいみ富士総合火力演習は陸上自衛隊の晴れ舞台で、日本はもちろん世界へ報道される。やはり失敗できないということだろうか。

関連記事

軍事問題研究会関連資料の紹介 関連資料として以下を所蔵しておりますので応談承ります。なお在庫切れの場合はご容赦下さい。お問合せはこちらへ。
(資料番号:21.12.18-1)「饗庭野演習場における場外着弾事案に係る事故調査結果について」(2021年12月9日 陸上幕僚監部)
(資料番号:21.11.30-5)「米軍基地上空のドローンの飛行に対する脅威認識と対応について」(防衛研究所令和2年度特別研究成果報告書)
資料番号:21.10.13-1)「UUV(水中無人機OZZ-1(REMUS100))について」『1術校』(海自第1術科学校)第17号(平成30年度版)
(資料番号:21.10.4-2)「研究瓦版(2-45)小型無人航空機対処戦略」(2021年3月5日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.10.1-2)「米海軍、無人システムの運用に特化した任務部隊を中東に新設」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム205 2021/09/28)
(資料番号:21.9.27-1)「中国ロケット軍、政治工作図上演習を実施」(陸自基礎情報隊 作成年月日:2020年8月20日)
(資料番号:21.7.21-1)「無人機とエア・パワー戦略」「米国防総省の武力紛争法遵守制度―全省的な法解釈調整枠組の重要性―」『エア・アンド・スペース・パワー研究(航空自衛隊幹部学校)第8号(2021年7月1日)掲載
(資料番号:21.7.8-1)「特集:ドローン飛行環境下での安全管理」『航空安全情報』(陸幕装備計画部航空機課航空安全班)2020年5月号掲載
(資料番号:21.6.3-2)「無人艦は米海軍の戦力構造の一翼を担うか」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム199 2021/06/02)
(資料番号:21.3.23-4)「研究メモ(26-11)無人機の運航と関係法令について」(2015年3月30日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:20.9.16-1)「米海軍が広域洋上監視UAVとしてMQ-4Cを開発した意義」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第10巻第1号(通巻第20号)2020年7月掲載
(資料番号:20.9.16-2)「UAVの開発・運用動向と日本の安全保障」『防衛研究所紀要』第15巻第2号(2013年2月)掲載
(資料番号:20.7.15-2)「小型無人機等の飛行禁止に関する法律改正案想定問答」(防衛省)どのような基準により、対象防衛関係施設に指定することとなるのか。
(資料番号:20.7.15-3)「Report of the Special Rapporteur on extrajudicial, summary or arbitrary executions (targeted killings through armed drones and the case of Iranian General Quassem Soleimani)」無人機攻撃でイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官ら10人を今年1月に殺害したことについて、国連人権調査官が7月6日、国際法違反との見解を示した文書
(資料番号:20.7.10-1)「第1次レバノン戦争の教訓が米軍の無人航空機開発に及ぼした影響とその意義」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)特別号(2020年4月)掲載
(資料番号:20.5.23-1)「『運用要求書(案)屋内用UAV』研究成果(終了報告)について(報告)」(研本研第87号 22.12.10)
(資料番号:19.12.9-4)「演習から読み解く中ロの軍事関係―巨大演習『ヴォストーク2018』とその周辺―」『鵬友』2019年1月号掲載
(資料番号:19.4.18-1)「ドローンの飛行をめぐる新たな緊急安全対策―小型無人機等飛行禁止法等の一部を改正する法律案―」『立法と調査』(参議院常任委員会調査室・特別調査室)第411号(2019年4月15日)掲載
(資料番号:19.1.19-3)「イラン無人機の点と線―その意味を問う―」『波涛』2018年4月号掲載
(資料番号:19.1.10-2)「饗庭野演習場における迫撃砲弾の着弾による事故調査結果について」(30.12.18 陸幕広報室)
(資料番号:18.10.29-1)「ロシア機動演習『ヴォストーク2018』」『ブリーフィング・メモ』(防衛研究所)2018年10月号
(資料番号:18.7.17-2)「無人機(開発)の現状と今後の動向」『鵬友』2017年7月号掲載
(資料番号:18.7.17-1)「無人航空機(UAV)による災害への対応について」『航空安全情報』(陸幕装備計画部航空機課航空安全班)2017年11月号掲載
(資料番号:18.7.11-3)「平成20年度日米共同方面隊指揮所演習(日本)実施に関する東部方面隊一般命令」(東方般命第86号電(20.11.19))
(資料番号:18.7.11-2)「演習実施規定」(東方般命第86号電(20.11.19)別冊第4)
(資料番号:18.7.11-4)「平成20年度日米共同方面隊指揮所演習『ヤマサクラ-55』に参加して」『波涛』2009年3月号掲載
(資料番号:18.7.11-5)「現代の国土防衛作戦遂行のための幕僚活動のあり方について―YS55演習の経験から―」『陸戦研究』2009年4月号掲載
(資料番号:18.4.10-2)「米欧における戦闘型航空無人機の技術実証および防衛省の取り組み―自律化技術の進展に注目―」『鵬友』2017年11月号掲載
(資料番号:17.10.5-1)「中国の遠距離偵察型/戦闘型航空無人機―遠距離のISR能力と対地攻撃能力の向上に注目―」『鵬友』2017年5月号掲載
(資料番号:17.10.3-2)「無人機は『航空機』か否か~無人機の法的位置付けと各種呼称について~」『鵬友』2017年5月号掲載
(資料番号:17.10.5-1)「中国の遠距離偵察型/戦闘型航空無人機―遠距離のISR能力と対地攻撃能力の向上に注目―」『鵬友』2017年5月号掲載
(資料番号:17.10.3-2)「無人機は『航空機』か否か~無人機の法的位置付けと各種呼称について~」『鵬友』2017年5月号掲載
(資料番号:17.5.18-1)「基本的事項の確認(ドローン、国連海洋法条約、武器等防護)について」『法務トピック』第12号(28.3.29 空幕首席法務官)
(資料番号:17.5.2-1)「演習対抗部隊改正理由書」(陸上幕僚監部 2015年3月)
(資料番号:17.3.21-1)「演習」(陸自訓練資料4-10-01-02-26-0)
(資料番号:17.3.21-2)「審判基準」(陸自訓練資料4-10-01-02-26-0「演習」別冊)
(資料番号:17.2.4-1)「中露軍事協力の展望―中露合同演習の分析から」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第57号(2017年1月11日)
(資料番号:17.1.23-1)「演習対抗部隊(第1部 編成・装備)」(訓練資料4-10-01-03-26-0)
(資料番号:17.1.23-2)「演習対抗部隊(第2部 作戦・戦闘)」(訓練資料4-10-01-03-26-0)
(資料番号:15.7.13-1)「特集:演習」『飛行と安全』(空自航空安全管理隊)2014年10月号掲載
(資料番号:15.7.4-2)「UAV(近距離用)」(陸上自衛隊訓練資料第3-03-04-72-23-0号)
(資料番号:15.3.24-3)「艦砲射撃による対地支援火力発揮に関する検討―総合火力運用の問題点とその処置・対策について―」『FUJI』2014年11月号掲載
(資料番号:15.3.24-1)「無人化兵器と国際人道法」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2015年3月号
(資料番号:15.3.23-2)「突撃せよ!そして、安らかに眠れ…」『FUJI』2014年11月号掲載 実戦のリアリティに欠ける点を指摘
(資料番号:15.3.23-1)「戦車部隊における第一線救護に関する一考察」『FUJI』2014年9~10月号連載(2回)
(資料番号:15.3.17-3)「狙撃班の運用―幹部・陸曹集合教育『対人狙撃銃』の紹介」『FUJI』2014年4月号掲載
(資料番号:15.3.16-1)「陸上自衛官が知っておくべき日米共同のイロハ」『FUJI』2014年5月号
(資料番号:13.5.23-3)「米国の無人機による新たな軍事行動について」(防衛研究所平成23年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:13.1.10-4)「台湾、「2012年核安第18号演習」において原発事故対処を演練」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年9月配信記事
(資料番号:12.12.4-1)「徹底比較 小銃弾 後継7.62mm vs. 5.56mm」『FUJ』2012年7月号掲載
(資料番号:12.12.4-2)「弾丸を知れば戦争が見える(現代銃と赤十字の誕生)」『FUJ』2012年8月号掲載
(資料番号:12.2.14-1)「無人機の法的地位」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ トピックス013 2012/02/08)
(資料番号:12.2.14-2)「無人機(UAV)による標的殺害(Targeted Killing)について」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ コラム024 2012/02/08)
(資料番号:12.2.10-1)「平成23年度日米共同統合演習(指揮所演習)の終了に当たっての共同コメント」(2012年1月27日 統合幕僚長 在日米軍司令官)
(資料番号:12.1.16-1)「国際人道法」(陸自富士学校普通科部 承認:23.3.26)
(資料番号:10.11.16-2)「平成22年度日米共同統合演習(実動演習)について」(22.11.11 統合幕僚監部)
(資料番号:10.8.28-1)「ソマリア沖及びアデン湾における海賊対処に関する図上演習の実施について(通達)」(統幕運2第43号電21.2.24)
(資料番号:10.8.20-3)「無人航空機の運用に携わる文民の国際法上の地位」『法翼』(空幕首席法務官)第27号(平成21年)掲載
(資料番号:10.8.18-5)「米韓、乙支(ウルチ)・フリーダムガーディアン演習を実施(2009年8月)」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2009年9月号掲載
(資料番号:10.8.9-1)「米韓合同軍事演習への海上自衛官のオブザーバー派遣について」(22.7.23 海上幕僚監部)
(資料番号:10.7.22-3)「平成21年度演習場周辺における砲撃音騒音の実態調査業務報告書」(平成21年度防衛省委託研究)
(資料番号:08.3.21-5)「Chinese Exercise Strait 961: 8-25 March 1996」(米海軍情報部) 台湾総統直接選挙に中国が圧力をかけるために行った台湾海峡での演習を同情報部が分析した報告書

『軍事民論』第486号(2010年11月8日発行)〈特集〉「リムパック演習が海上自衛隊にROE(交戦規則)を与えた—佐久間 元統幕議長が明かしたROE誕生秘話—」
『軍事民論』第661号(11月18日発行)…5頁
2050年頃の海上自衛隊無人機・無人システム―海幹校「特命研究」より

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。