google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(121)高度サイバー基礎集合教育(セキュアコーディング技術、ペネトレーションテスト用ツール作成技術及び不正通信検知回避技術についての実習)部外委託教育

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...

入札日:令和3年7月15日
陸上自衛隊通信学校
高度サイバー基礎集合教育(セキュアコーディング技術、ペネトレーションテスト用ツール作成技術及び不正通信検知回避技術についての実習)部外委託教育
https://www.mod.go.jp/gsdf/sigsch/fin/reiwa3/kou.pdf
https://www.mod.go.jp/gsdf/sigsch/fin/reiwa3/si.pdf

 当該集合教育は、上期を令和3年8月23日から同27日、下期を令和4年2月上旬から中旬にかけての5日間に、最大10名に対して実施されるものであり、この役務はそれそれ1回行われる。

(103)に、情報本部のデジタル通信関連情報保証要員の教育
https://sucanku-mili.club/%e8%87%aa%e8%a1%9b%e9%9a%8a%e8%aa%bf%e9%81%94%e5%b7%a1%e3%82%8a%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%93%ef%bc%89/1034/

(102)に、統合幕僚監部のCertified Network Defender教育
https://sucanku-mili.club/%e8%87%aa%e8%a1%9b%e9%9a%8a%e8%aa%bf%e9%81%94%e5%b7%a1%e3%82%8a%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%92%ef%bc%89/1030/

 に教育項目を紹介した。私自身、専門知識に欠けるので相互の関係を的確に比較するのは難しいが、まあ似たような表現もあり、類似したものなのだろう。
 情報本部や統合幕僚監部の場合は、おそらく自らの組織の隊員に教育を施すものであろうが、通信学校の場合は教育対象者がやや広いのだろう。
 いずれにせよ、自衛隊のサイバーに対する取り組みが見えてくる内容だ。

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。