google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(102)部外教育受講(CND(Certified Network Defender))イントロダクション、防御、分析と防御、対応 受講3日(1000~1800)9名

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...

防衛省統合幕僚監部
部外教育受講(CND(Certified Network Defender))イントロダクション、防御、分析と防御、対応 受講3日(1000~1800)9名
https://www.mod.go.jp/js/Supply/open_bid/c20210625_01.pdf

受講3日(1000~1800)9名
教育内容
イントロダクション

  1. コンピュータネットワークと防衛の基礎
  2. ネットワークセキュリティの脅威、脆弱性、攻撃
  3. ネットワークセキュリティのコントロール、プロトコル、デバイス
    防御
  4. ネットワークセキュリティポリシーのデザインと実装
  5. 物理セキュリティ
  6. ホストセキュリティ
  7. ファイヤーウォールの安全な構成と管理
  8. IDSの安全な構成と管理
  9. VPNの安全な構成と管理
  10. 無線ネットワークの防御
    分析と防御
  11. ネットワークトラフィックのモニタリングと分析
  12. ネットワークリスクと脆弱性の管理
    対応
  13. データのバックアップとリカバリ
  14. ネットワークインシデント対応と管理

 日本語とはいっても外来語そのものだが、認定ネットワークディフェンダーというらしい。
 調べたら、「組織のセキュリティについてどの部分をレビュー、テストする必要があるかを特定し、ネットワークのリスクを防止、軽減するために、ネットワークセキュリティ技術者に求められるスキルの習得」とあった。
https://www.gsx.co.jp/academy/cnd.html
 私もあまり詳しくはないが、企業セミナーでもこんな内容をやっていた。今の流行りは、ゼロトラストとかフォレンジックらしいが、それも含まれているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。