google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「考え」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:22.10.5-2)「安全保障環境の変化と防衛力強化の必要性(内閣官房国家安全保障局提出資料)」安保関連3文書の改定等についての提言を取りまとめる「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」第1回会議(9月30日)配布資料
(資料番号:22.8.4-2)「『戦争の終わり方』を考える」『外交』Vol.74(2022年7月31日発行)掲載
(資料番号:22.5.2-2)「軍事ロジスティクスの将来を考える」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第213号(2022年4月26日) 将来→
(資料番号:22.1.26-1)「弾道ミサイル攻撃等に対する基本的な考え方」(2016年7月 防衛省)
(資料番号:21.8.16-1)「今後のミサイル対処と安保戦略(今後の我が国のミサイル防衛の在り方に関する一考察)」『安全保障を考える』(公益社団法人 安全保障懇話会)第784号(2020年9月1日) ミサイル→
(資料番号:21.8.10-1)「領域横断作戦にどう取り組むのか」『安全保障を考える』(公益社団法人 安全保障懇話会)第783号(2020年8月1日)
(資料番号:21.8.10-2)「ロシアが推し進める『ハイブリッド戦』の概要とその狙い」『安全保障を考える』(公益社団法人 安全保障懇話会)第780号(2020年5月1日) ロシア→
(資料番号:21.8.9-3)「今後の日本防衛に求められる新思考―米軍の『作戦デザイン』と『競争継続』に学ぶ―」『安全保障を考える』(公益社団法人 安全保障懇話会)第781号(2020年6月1日)
(資料番号:21.8.4-2)「文献紹介017:次の戦争に関する中国の考え」(航空自衛隊幹部学校航空研究センター 2021年6月21日) 中国→
(資料番号:21.7.28-1)「研究瓦版(2-34)人民解放軍の作戦概念」(2020年12月1日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)次の戦争に関する中国の考え
(資料番号:21.4.17-1)「令和2年度 外交に関する国内世論調査(RDD方式による電話法)報告書」(2021年3月 外務省)1「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた日本の取組2 東アジア地域を取り巻く安全保障環境(近年一層厳しさを増していると考えるか。)3 女性参画推進分野における日本の国際的取組(「国際女性会議WAW!」の開催等)4 日本による国連の活用(2020年は国連創設75周年)5 日本政府の「自由貿易の推進」の方針と取組6 国際的な気候変動対策への日本の取組(これまで以上に積極的に貢献していくことをどう思うか。) ・良いと思う7 日本の開発協力において優先すべき分野(複数回答可)8-1 今後日米で関係強化を期待する分野(複数回答可)8-2 日米同盟のインド太平洋地域の平和と安定への寄与(寄与していると思うか。)9 今後の日本の対中外交で特に重視していくべき点(複数回答可(2つまで))10 ミャンマー情勢(日本は独自のパイプを活用し、積極的に関与すべきと思うか。) 調査→ 女性→ 貿易→ 開発→
(資料番号:21.1.9-2)「中国人民解放軍の大改革の総括」『安全保障を考える』(公益社団法人 安全保障懇話会)第786号(2020年11月1日)
(資料番号:21.1.5-1)「コロナ危機から考える日本の有事体制」『安全保障を考える』(公益社団法人 安全保障懇話会)第785号(2020年10月1日) コロナ→
(資料番号:20.12.26-1)「自治体の危機管理とわが国の安全保障について―国民の避難について考える―」『安全保障を考える』(公益社団法人 安全保障懇話会)第773号(2019年10月1日) 国民→
(資料番号:20.11.16-2)「航空自衛隊基本ドクトリンの考え方」(航空幕僚監部防衛部 2017年3月) ドクトリン→
(資料番号:20.9.3-3)「『コスト強要戦略』の現代的意義―平時の戦いを考える視座―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第10巻第1号(通巻第20号)2020年7月掲載
(資料番号:20.7.8-1)「第2の戦間期における海上自衛隊の軍事技術イノベーションについて」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)特別号(2020年4月)掲載 国際法上の制約があっても政治が必要と考えれば使用されるという教訓 海上自衛隊→
(資料番号:20.4.24-2)「航空機による海難救助のための外国領海上空への入域―『救助入域(Assistance Entry)』の考え方―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第8巻第1号(2018年7月)掲載 航空→
(資料番号:20.4.10-2)「防衛計画の大綱(盛り込むべき主な要素)」(2018年11月 防衛省)② 我が国防衛の基本的考え方 防衛計画の大綱→
(資料番号:20.4.8-4)「作戦運用教範『航空作戦』改正の考え方」 教範→
(資料番号:20.3.1-4)「生物兵器対処に係る基本的考え方について」(2002年1月 防衛庁)
(資料番号:19.12.16-2)「下地島空港に関する質問&答弁書」(内閣衆質161第33号 2004年11月12日)「屋良覚書」にもかかわらず、「民間航空以外の利用が当然に許されないということではないと考える」との政府の見解 空港→
(資料番号:19.7.17-2)「原爆被爆者は核兵器廃絶の可能性についてどう考えているのか」『広島平和科学』(広島大学平和科学研究センター)第38巻(2016年)掲載 核→
(資料番号:19.6.18-1)「U.S.-Iran Tensions Escalate」(2019年6月13日 米議会調査局)イランを圧迫する最近の行政措置 イランの反応 ヨーロッパの対応 シナリオと考えられる結果 エスカレーション エスカレーション解除 エスカレーション会議に対する潜在的な意味
(資料番号:19.3.30-4)「戦略爆撃を考える」『鵬友』2018年10月号掲載
(資料番号:19.3.4-2)「内閣官房長官の定例記者会見における特定の記者の質問を制限する発声等に関する質問&答弁書」(内閣参質198第11号 2019年2月15日)2 2 「所要防衛力」の考え方と基盤的防衛力構想他
(資料番号:18.12.10-1)「戦略家の考え方―ルトワックグレイ―」『鵬友』2018年7月号掲載
(資料番号:18.11.23-2)「防衛計画の大綱の見直しを行う上での基本的考え方」(2018年10月19日 内閣官房)第4回会合(10月19日)配布資料。「防衛計画の大綱」の見直しを検討する有識者会議「安全保障と防衛力に関する懇談会」での配布資料 防衛計画の大綱→
(資料番号:18.6.13-2)「行政文書等が存在しない情報を特定秘密として指定し、取り扱う際の考え方について(通知)」(閣情第1285号 2017年11月8日)
(資料番号:18.4.3-5)「UNMISSにおける自衛隊施設部隊の活動終了に関する基本的な考え方(案)」(2017年3月10日 内閣官房 内閣府 外務省 防衛省)
(資料番号:17.9.12-1)「将来兵站体制をどう考えるか?(南西諸島事態を睨んだ方面隊の兵站体制)」『陸戦研究』2017年2月号掲載 将来→ 兵站→
(資料番号:17.3.13-1)「UNMISSにおける自衛隊施設部隊の活動終了に関する基本的な考え方」(2017年3月10日 内閣官房 内閣府 外務省 防衛省)
(資料番号:16.11.15-2)「新任務付与に関する基本的な考え方」(2016年11月15日 内閣官房 内閣府 外務省 防衛省)「駆け付け警護」任務付与の正当性について政府の見解
(資料番号:16.10.27-1)「派遣継続に関する基本的な考え方」(2016年10月25日 内閣官房 内閣府 外務省 防衛省)政府が発表した「派遣を継続することが適当」とする見解
(資料番号:14.11.25-1)「米軍の作戦計画立案の考え方」『波涛』2013年7月号掲載
(資料番号:14.3.12-1)「航空自衛隊ドクトリンの考え方」(2011年3月31日 航空幕僚監部防衛部) ドクトリン→
(資料番号:14.2.19-2)「(仮題)『空自幹部に期待すべき資質・能力』の研究=納得性・客観性・透明性の高い人材評価の考え方=」(24.3.13) 能力→
(資料番号:14.2.12-2)「議院内閣制における内閣の在り方―我が国の統治機構の在り方を考える視座―」『立法と調査』(参議院事務局企画調整室)第348号(2014年1月15日)
(資料番号:13.1.15-2)「『戦間期に生じた軍の革新』を考える(3)―航空母艦の発達と各国の取り組み―」『鵬友』2012年1月号掲載
(資料番号:12.6.20-2)「サイバースペースにおける世界の動向と日本―日本におけるサイバー戦等対処を考える―」『陸戦研究』2012年3月号掲載
(資料番号:11.8.9-1)「次期Xバンド衛星通信整備事業に関する基本的な考え方」(2011年8月 防衛省)
(資料番号:10.10.25-5)「中国トロール漁船の船長が抵触したと考えられる法律と検察庁の対応等に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第17号 2010年10月12日)
(資料番号:10.8.23-3)「クラスター弾にかかわる教育訓練の考え方等について(通達)」(陸幕教訓計第57号電 21.9.4)
(資料番号:09.12.17-1)「集団安全保障について—憲法9条と国連軍への参加についてのこれまでの考え方—」(1997年2月5日 安全保障政策課)外務省総合外交政策局安全保障政策課の行政文書ファイル「集団的自衛権2」に綴られていたもの
(資料番号:06.1.12-1)「ドイツ駐留NATO軍地位補足協定に関する若干の考察―在日米軍地位協定をめぐる諸問題を考えるための手がかりとして―」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)第221号(2004年8月)掲載

□ 『軍事民論』第672号(5月17日発行)…8頁
 尖閣上陸阻止と危害射撃―どこまで可能と自衛隊が考えているかを部内資料から推察する

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。