google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「技術」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:22.8.1-1)「先端科学技術」と「研究インテグリティ」の関係について(回答)」(2022年7月25日 日本学術会議会長 梶田 隆章)
(資料番号:22.5.10-1)「ひろしまレポート2022年版―核軍縮核不拡散核セキュリティを巡る2021年の動向」(2022年3月 公益財団法人日本国際問題研究所軍縮・科学技術センター)
(資料番号:22.4.25-1)「米国における技術流出防止のための研究者への規制」『変化する国際環境と総合安全保障総合調査報告書』(2022年3月25日発行 国立国会図書館調査及び立法考査局)掲載
(資料番号:22.2.24-1)「研究瓦版(3-40)大国間競争時代におけるロシア技術競争」(2021年11月22日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.11.11-2)「『日越防衛装備品・技術移転協定』締結と知られざる日本製揚陸艇」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム210 2021/11/10)
(資料番号:21.5.25-2)「『日尼防衛装備品・技術移転協定』締結と知られざる日本製艦艇」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ コラム198 2021/5/21)
(資料番号:21.5.9-1)「ひろしまレポート2021年版—核軍縮・核不拡散・核セキュリティを巡る2020年の動向」(2021年3月 公益財団法人日本国際問題研究所軍縮・科学技術センター)
(資料番号:21.4.26-1)「将来戦における米空母の有用性をめぐる議論―ゲームチェンジャー技術と安全保障政策」
(資料番号:20.11.5-2)「人工知能技術が核抑止に及ぼす影響」『安全保障戦略研究』(防衛研究所)第1巻第1号(2020年8月)掲載
(資料番号:20.7.3-1)「宇宙技術を蓄える中国―『長征5号B』ロケット打ち上げ成功に見る中国の宇宙戦略―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 トピックス081 2020/06/10)
(資料番号:20.4.16-2)「ひろしまレポート2020年版—核軍縮・核不拡散・核セキュリティを巡る2019年の動向」(2020年3月 公益財団法人日本国際問題研究所軍縮・科学技術センター)
(資料番号:20.4.2-4)「防衛装備・技術政策の現状及び今後の課題」(2018年4月 防衛省)「第16回自民党勉強会資料」3 技術的優越の確保及び研究開発の推進
(資料番号:20.3.10-1)「非核兵器技術が抑止に及ぼす影響―極超音速兵器を中心に―」(防衛研究所平成27年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:20.2.20-2)「諸外国における装備品の国際共同開発、技術移転の取り組み」(防衛研究所平成26年度特別研究成果報告書)
(資料番号:19.12.26-3)「AI技術の導入による艦艇省人化について」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第9巻第1号(2019年7月)掲載
(資料番号:19.10.28-2)「自衛隊施設の防災・危機管理技術開発に関する調査報告」(グローバルセキュリティ調査報告第4号(2019年6月発行) 防衛大学校先端学術推進機構グローバルセキュリティセンター
(資料番号:19.10.23-1)「普天間飛行場代替施設建設事業に係る技術検討会第1回資料」
(資料番号:19.4.22-1)「航空宇宙技術の動向が航空防衛に及ぼす影響に関する研究の成果報告書」(開発集団研第12号(29.6.29)別冊)
(資料番号:19.1.16-1)「平成29年度国内隊付訓練(レンジャージャングル偵察・監視課程及び歩兵ジャングル技術過程))について(通達)」(陸幕訓第146号 29.12.5)陸自米軍北部訓練場で米海兵隊と共同でジャングル戦闘訓練を開始
(資料番号:19.1.16-2)「平成29年度国内隊付訓練(レンジャー(ジャングル偵察・監視課程及び歩兵ジャングル技術課程))について(通達)」(西方訓第644号電(29.12.15))陸自が米軍北部訓練場で米海兵隊と共同でジャングル戦闘訓練を開始
(資料番号:19.1.16-3)「平成29年度国内隊付訓練(レンジャー(ジャングル偵察・監視課程及び歩兵ジャングル技術課程))について(通達)」(15旅3第587号 29.12.15)陸自が米軍北部訓練場で米海兵隊と共同でジャングル戦闘訓練を開始
(資料番号:19.1.16-4)「平成29年度国内隊付訓練(ジャングル偵察・監視課程及び歩兵ジャングル技術課程)参加に関する第51普通科連隊一般命令」(51普連般命第182号 29.12.21)陸自が米軍北部訓練場で米海兵隊と共同でジャングル戦闘訓練を開始
(資料番号:19.1.16-7)「平成29年度国内隊付訓練(歩兵ジャングル技術課程)成果報告」(第51普通科連隊第2中隊)陸自が米軍北部訓練場で米海兵隊と共同でジャングル戦闘訓練を開始
(資料番号:18.7.19-1)「防衛宇宙システムの現状と今後の動向」『鵬友』2018年1月及び3月号連載 7 技術開発(新しい技術動向)
(資料番号:18.5.7-1)「航空宇宙技術動向が航空防衛に及ぼす影響に関する研究の成果について(報告)(17-R3(D))」(開発集団研第13号 27.6.30)
(資料番号:18.5.7-2)「航空宇宙技術動向が航空防衛に及ぼす影響に関する研究の成果について(報告)(25-R3(D))」(開発集団研第14号 28.6.30)
(資料番号:18.4.10-2)「米欧における戦闘型航空無人機の技術実証および防衛省の取り組み―自律化技術の進展に注目―」『鵬友』2017年11月号掲載
(資料番号:18.2.7-1)「冷戦後の科学技術政策の変容:科学技術に関する調査プロジェクト報告書」(国立国会図書館 2017年3月16日)
(資料番号:17.6.13-1)「政府出資による国防技術開発について―米露国防技術開発制度の比較制度分析―」(防衛研究所平成25年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:15.10.13-1)「『防衛装備・技術移転に係る諸課題に関する検討会』報告書」
(資料番号:15.10.13-2)「『防衛装備・技術移転に係る諸課題に関する検討会』使用資料」
(資料番号:17.5.10-1)「英国の防衛産業・技術政策の変遷―ブレア政権からキャメロン政権にかけて―」(防衛研究所平成25年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:14.2.25-1)「航空宇宙技術動向が航空防衛に及ぼす影響に関する研究の成果報告書」(開発集団研第8号(23.6.22)別冊)
(資料番号:14.2.18-4)「航空宇宙兵器技術における我が国が投資すべき重要技術分野に関する研究」(2011年3月 空自幹部学校研究部)
(資料番号:13.3.8-2)「【仮訳】核物質及び原子力施設の物理的防護に関する核セキュリティ勧告(INFCIRC/225/Rev.5)」(2012年6月 内閣府政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)原子力政策担当室)
(資料番号:12.3.26-1)「航空宇宙技術動向が航空防衛に及ぼす影響に関する研究(小型衛星)」(開発集団研第4号(22.6.28)別冊付録第5)
(資料番号:12.3.18-1)「航空宇宙技術動向が航空防衛に及ぼす影響に関する研究(シミュレータ)」(開発集団研第4号(22.6.28)別冊付録第1)
(資料番号:13.3.8-2)「【仮訳】核物質及び原子力施設の物理的防護に関する核セキュリティ勧告(INFCIRC/225/Rev.5)」(2012年6月 内閣府政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)原子力政策担当室)
(資料番号:13.1.8-1)「わが国潜水艦の変遷~より強く、より長く、より静かに~」(「防衛技術シンポジウム2012」発表資料)
(資料番号:11.5.19-1)「航空宇宙兵器技術における我が国が投資すべき重要技術分野に関する研究(中間報告)(平成20年度 戦闘機の技術動向調査)」(2009年3月24日 空自幹部学校研究部第5研究室)

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。