google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「分析」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:22.6.28-1)「21世紀の重心の分析―重心の分析の過去現在未来―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第11巻第2号(2021年12月)掲載
(資料番号:22.4.12-1)「中国の聯勤保障部隊に関する分析」(防衛研究所令和2年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:21.7.10-1)「米国のミサイル防衛政策―MDRを中心として―(報告版)」(2019年5月27日 防衛省情報本部分析部)
(資料番号:21.7.6-3)「研究瓦版(2-29)軍事イノベーションの加速:中国とイスラエルの方法を分析」(2020年11月4日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.4.18-1)「ネガリストポジリスト論の分析と検証の試み―英米独仏の4カ国の国内法の調査を基礎にして―」(グローバルセキュリティ研究叢書第3号(2020年12月発行) 防衛大学校先端学術推進機構グローバルセキュリティセンター)
(資料番号:21.3.16-3)「現代における制海の意義と哨戒機の重要性―キューバ危機における哨戒機の役割分析を中心に―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第10巻第2号(2020年12月)掲載
(資料番号:21.3.15-1)「軍事的意思決定概念の新旧比較分析―米国の『モザイク戦』概念の視点から―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第10巻第2号(2020年12月)掲載
(資料番号:21.3.2-1)「バイデン新政権誕生後の中東情勢―データ分析による展望の考察―」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第158号(2021年2月18日)
(資料番号:21.2.21-2)「研究メモ(27-2)『三戦の理論分析』―防空識別区の設定を一例として―」(2015年7月16日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.2.5-4)「『オーラル・ヒストリー 冷戦期の防衛力整備と同盟政策』に関する総括的分析」(防衛研究所平成29年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:21.2.21-2)「研究メモ(27-2)『三戦の理論分析』―防空識別区の設定を一例として―」(2015年7月16日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:20.10.3-3)「米国防総省、『ミサイル防衛見直し(MDR)』を発表」(カレント分析19-031(31.1.18) 情報本部分析部)
(資料番号:20.9.11-1)「普天間飛行場泡消火剤流出事故に関する水及び土壌の分析結果について」(2020年9月4日 防衛省 外務省 環境省)
(資料番号:20.7.28-4)「韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定に対する米国側の反応」(2019年8月23日 情報本部分析部)日韓GSOMIA関連
(資料番号:20.7.28-5)「日本によるホワイト国除外措置施行に関する韓国大統領府発表の報道資料」(2019年8月29日 情報本部分析部)
(資料番号:20.3.11-1)「国家安全保障機構の情報フローに関する組織論的分析-情報フローの形態と対外政策への影響について-」(防衛研究所平成27年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:20.1.24-2)「蔡英文総統再選の要因分析」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第109号(2020年1月16日)
(資料番号:19.12.26-1)「サイバー研究所の分析」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第9巻第1号(2019年7月)掲載
(資料番号:19.12.24-1)「韓国軍当局などが北朝鮮の新型戦術誘導兵器を分析」『基礎情報隊資料』2019年4月配信記事
(資料番号:19.10.20-2)「『北朝鮮の上南里ミサイル基地を分析した報告書を公開』米CSIS」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2019年2月配信記事
(資料番号:19.10.3-3)「取得プログラムの分析及び評価、新たな取得戦略計画及び取得計画の概要」(2019年8月30日 防衛装備庁)
(資料番号:19.8.22-1)「『内戦の開発経済学』再考―紛争勃発・激化と紛争後の成長・支援の実証分析―」(2010年9月 財務省財務総合政策研究所研究部)
(資料番号:19.8.22-2)「テロの計量分析序説-発生要因と成長率への影響(2014年1月 財務省財務総合政策研究所研究部)
(資料番号:19.8.5-2)「『北朝鮮、平安北道の正体不明の建築物は韓国の鶏竜台に類似、訓練用の標的である可能性』米国の衛星写真分析専門家」『基礎情報隊資料』2018年11月配信記事
(資料番号:18.10.6-2)「米国、核態勢の見直し(NPR)を発表」(カレント分析18-041(30.2.5) 情報本部分析部)
(資料番号:18.9.11-2)「NPR(低出力SLBMの識別不可能性に関する分析記事)」(2018年2月23日) *外務省公電
(資料番号:18.9.10-3)「取得プログラムの分析及び評価、新たな取得戦略計画の策定について」(30.8.31 防衛省)グローバルホーク(滞空型無人機)(別紙第3)
(資料番号:18.8.1-1)「陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)の構成品選定結果について」(2018年7月30日 防衛省)4.評価方法 (2)第2段階評価 「基本性能」、「後方支援」、「経費」及び「納期」の4要素で提案内容を分析
(資料番号:18.1.15-2)「『グレーゾーン事態』分析―東シナ海における中国の活動と日本の対応を事例として―」『エア・パワー研究』(空幹校航空研究センター)第4号(2017年12月)
(資料番号:17.11.20-1)「中国共産党第19回全国代表大会の基礎的分析:③中国の特色ある大国外交」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第65号(2017年11月13日)
(資料番号:17.11.7-2)「中国共産党第19回全国代表大会の基礎的分析:①新時代の幕開けを宣言した習近平」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第62号(2017年11月2日)
(資料番号:17.11.7-3)「中国共産党第19回全国代表大会の基礎的分析:②習近平強軍思想」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第63号(2017年11月2日)
(資料番号:17.9.20-1)「朝鮮半島情勢の総合分析と日本の安全保障」(平成28年度外務省外交・安全保障調査研究事業)
(資料番号:17.9.5-2)「取得プログラムの分析及び評価、新たな取得戦略計画及び取得計画の策定について」(29.8.31 防衛省)
(資料番号:17.6.13-1)「政府出資による国防技術開発について―米露国防技術開発制度の比較制度分析―」(防衛研究所平成25年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:17.5.23-4)「北朝鮮軍事情勢分析」(政策立案シミュレーション(29.1.26))「安全保障政策立案体験型セミナー」プレゼンテーション資料
(資料番号:17.3.28-3)「大規模災害派遣隊員に対するメンタルヘルス施策の現状分析―米軍の例を中心に―」(防衛研究所平成25年度特別研究成果報告書)
(資料番号:17.2.4-1)「中露軍事協力の展望―中露合同演習の分析から」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第57号(2017年1月11日)
(資料番号:17.1.27-1)「中国のインド洋進出に関する分析―日本への影響に関する一考察―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第5巻第2号(2015年12月)掲載
(資料番号:17.1.19-1)「『安保理決議による経済制裁:制裁に至る事情・内容・効果等の横断的比較分析』報告書」(2013年3月)
(資料番号:16.7.26-2)「朝鮮半島情勢の総合分析と日本の安全保障」(平成27年度外務省外交・安全保障調査研究事業)
(資料番号:16.7.1-2)「北朝鮮による弾道ミサイル発射とミサイル技術の変化について」(2016年2月 防衛省防衛政策局調査課戦略情報分析室)「関係省庁間で協力し、情報の収集・分析に万全を期すこと」(平成28年2月3日総理指示)に基づき、防衛省の行政文書ファイルに綴られた文書
(資料番号:16.5.19-2)「記者勉強会用資料(北朝鮮のミサイル関連)」(2015年10月 防衛省防衛政策局調査課戦略情報分析室)
(資料番号:16.3.11-1)「日韓軍事情報包括保護協定(日韓GSOMIA)締結延期の要因分析―署名1時間前の土壇場で政策変更された背景にあったもの―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第4巻第2号(2014年12月)掲載
(資料番号:16.3.8-1)「2012年における米中台関係と台湾海峡の安全保障環境の情勢分析」(防衛研究所平成24年度基礎研究成果報告書)台湾総統直接選挙に中国が圧力をかけるために行った台湾海峡での演習を同情報部が分析した報告書
(資料番号:15.10.28-1)「【アメリカ】日本の防衛政策に関する米海軍大学教授の分析」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.265-1(2015年10月:月刊版)掲載 新たな防衛大綱の策定や集団的自衛権の解釈見直しなどを、変革への動きとして紹介しつつ、防衛力整備に与える少子高齢化の影響など、今後に向けた課題も提示
(資料番号:15.8.7-3)「プロジェクト2049、台湾軍の能力について分析レポートを発表」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2015年4月配信記事
(資料番号:15.6.22-2)「先制的自衛に関する国際法上の分析―日米の見解を中心に―」『鵬友』2008年7月号~9月号連載 先制的自衛権関連
(資料番号:15.2.25-2)「報告書―不祥事の分析と改革の方向性―」(20.7.15 防衛省改革会議) 「文官統制」廃止への動き
(資料番号:15.28-1)「【アメリカ】日本の防衛政策に関する米海軍大学教授の分析」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.265-1(2015年10月:月刊版)掲載
(資料番号:14.11.22-1)「情報見積り手法の形成過程と分析手法の紹介」『波涛』2013年1月号掲載
(資料番号:13.7.18-3)「兵站能力分析について」『陸戦研究』2013年5月号掲載
(資料番号:13.6.5-5)「ドイツ連邦地質資源研究所、北朝鮮核実験の爆発力を40キロトンと分析」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2013年2月配信記事
(資料番号:13.4.9-3)「国際刑事裁判所による逮捕状発付が国際平和協力にもたらす影響の分析―スーダン・バシール現職大統領の事例―」『国際平和協力研究論文集』(内閣府国際平和協力本部事務局)創刊号(2010年9月)掲載
(資料番号:13.3.25-1)「我が国に必要な水陸両用作戦能力とその運用上の課題―米軍の水陸両用作戦能力の調査、分析を踏まえて―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第2巻第2号(2012年12月)掲載
(資料番号:13.3.13-2)「AirSea Battleと対中抑止の理論的分析―トシ・ヨシハラジェームズ・ホームズの論考を題材として―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第2巻第2号(2012年12月)掲載
(資料番号:13.3.8-1)「IAEA核セキュリティ・シリーズ文書『核物質および原子力施設の防護に関する核セキュリティ勧告』(INFCIRC/225/Rev.5)の分析」『軍縮研究』第2号(2011年4月)
(資料番号:13.1.21-4)「日本の安全保障戦略構想における島嶼部東南アジアの意義と役割―インドネシアの脅威評価と能力ギャップに関する国内政軍関係及び周辺諸国との戦略的関係の分析―」(防衛研究所平成22年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:12.11.20-1)「アーミテージナイ報告書(概要)」防衛省防衛政策局調査課戦略情報分析室がまとめたもの
(資料番号:12.10.27-1)「パネッタ国防長官のアジア安全保障会議における講演について」(2012年6月 防衛省)防衛省防衛政策局調査課戦略情報分析室が部内向けの執務参考用に作成
(資料番号:12.10.1-8)「モロッコにおけるMV-22墜落事故に関する分析評価報告書への質問について(回答)」(防防日第12535号 24.9.19)沖縄県が防衛省に行った質問とそれに対する防衛省の回答
(資料番号:12.9.13-1)「フロリダにおけるCV-22墜落事故に関する分析評価報告書」(24.9.11 防衛省)
(資料番号:12.8.29-1)「モロッコにおけるMV-22墜落事故に関する分析評価報告書関連資料」
(資料番号:12.7.7-1)「国際平和協力活動と政府開発援助(ODA)を連携させる紛争分析ツールの可能性」(防衛研究所平成21年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:12.6.12-2)「防衛力の最適化手法の研究(航空戦力の費用対効果分析)」(防衛研究所平成21年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:12.5.14-3)「合理的選択モデルと認知的選択モデルによる核兵器計画に関する北朝鮮の意思決定過程の分析」(Pardee RAND Graduate School)
(資料番号:12.5.10-4)「日米同盟をめぐる日米識者の諸見解の分析」(防衛研究所平成22年度特別研究成果報告書)
(資料番号:12.4.4-1)「国防関連歳出をめぐる米国の最近の動向について」(防衛省防衛政策局調査課戦略情報分析室)
(資料番号:11.12.26-1)「自衛隊の活動における『国会承認』の射程―立法者意思の分析を中心として―」『論究』(衆議院調査局)第7号(2010年12月)及び第8号(2011年12月)連載
(資料番号:11.7.19-2)「朝鮮半島における情勢の変化が東アジアの安全保障に与える影響と我が国が取るべき対応」(平成22年度防衛省委託研究)北朝鮮の核弾頭武装とそれによる我が国への恫喝というシナリオを設定し、その状況下での対応を分析したもの
(資料番号:10.11.22-1)「米国の対イラン経済制裁と国際投資—イラン・リビア制裁法を巡る事例分析—」『外務省調査月報』2003年度No.2掲載
(資料番号:06.4.15-3)「中国軍の台湾侵攻作戦指導分析」『中央資料隊情報資料』2005年10月号掲載
(資料番号:08.3.21-5)「Chinese Exercise Strait 961: 8-25 March 1996」(米海軍情報部) 台湾総統直接選挙に中国が圧力をかけるために行った台湾海峡での演習を同情報部が分析した報告書
(資料番号:07.11.22-1)「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の比較分析」『レファレンス』(国会図書館調査及び立法考査局)2007年11月号掲載
(資料番号:06.4.15-3)「中国軍の台湾侵攻作戦指導分析」『中央資料隊情報資料』2005年10月号掲載
(資料番号:05.11.22-1)「不審者侵入訓練実施報告書」(02年12月 核燃料サイクル開発機構東海事業所)原発テロの側面から分析
『軍事民論』最新号(第623号)
〈特集〉安倍政権の安全保障政策は民主党政権の延長線上―防研部内研究の意外な分析
☆『軍事民論』第458号(2009年6月16日発行)
「防研内部報告書が分析した北朝鮮核・ミサイル問題」

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。