google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「侵攻」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:22.5.30-1)「ロシアの闘争手段とウクライナ侵攻の衝撃―2022年我が国安全保障の視座②」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第221号(2022年5月24日)
(資料番号:22.5.16-1)「ロシアによるウクライナに対する軍事行動は『侵略』か『侵攻』か『戦争』か?―国際法から見たロシアによるウクライナ侵攻⑨」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム230 2022/05/12)
(資料番号:22.5.1-2)「ロシアによるウクライナ侵攻と中国の選択」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第213号(2022年4月26日)
(資料番号:22.5.1-4)「旧ソ連圏の分離紛争―その歴史とウクライナ侵攻への射程」『外交』Vol.72(2022年3月31日発行)掲載
(資料番号:22.4.21-2)「ロシア陸軍の兵站の特徴とウクライナ侵攻―鉄道輸送の重要性と露呈した脆弱性―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム228 2022/04/20)
(資料番号:22.4.14-1)「ロシア軍による攻撃目標選定の合法性について―国際法から見たロシアによるウクライナ侵攻⑥」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム223 2022/04/04)
(資料番号:22.4.14-2)「使用する兵器に対する国際法上の規制―対人地雷クラスター弾化学兵器燃料気化爆弾等の使用について―国際法から見たロシアによるウクライナ侵攻⑦」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム227 2022/04/11)
(資料番号:22.4.6-2)「ウクライナ侵攻作戦が長期化した原因―ロシア陸軍の『大隊戦術群』に関する考察―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム224 2022/04/04)
(資料番号:22.3.29-1)「現代国際法上におけるベラルーシの地位(「中立国」と「非交戦国」)―国際法から見たロシアによるウクライナ侵攻⑤」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム221 2022/03/24)
(資料番号:22.3.25-1)「ロシアの経済政策とウクライナ侵攻―経済制裁への耐性と侵攻の狙い―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム220 2022/03/15)
(資料番号:22.3.18-2)「国際法上の『外国人義勇兵』―国際法から見たロシアによるウクライナ侵攻④」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム219 2022/03/15)
(資料番号:22.3.14-1)「トルコがダーダネルスボスポラス海峡における軍艦の通航を制限―国際法から見たロシアによるウクライナ侵攻③」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム218 2022/03/10)
(資料番号:22.3.5-1)「我が国総理大臣等がロシアによるウクライナへの侵攻を『侵略』と非難―国際法から見たロシアによるウクライナ侵攻①」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会コラム 215 2022/03/02)
(資料番号:22.3.5-2)「ロシアによるウクライナ東部2州の国家承認1について―国際法から見たロシアによるウクライナ侵攻②」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム 216 2022/03/03)
(資料番号:19.10.21-3)「Syria: Turkish Incursion and Conflict Status」(2019年10月16日 米議会調査局)トルコのシリア侵攻関連
(資料番号:19.10.21-4)「Turkey: Background, U.S. Relations, and Sanctions In Brief」(2019年10月16日 米議会調査局)トルコのシリア侵攻関連
(資料番号:15.10.14-1)「平成25年度米国における統合訓練(実動訓練)に関する実施報告」(2護群(訓)第278号(25.8.5)別冊第2)島嶼侵攻対処に係る自衛隊の統合運用と米軍との共同対処要領を演練することを目的に自衛隊が初参加した「ドーン・ブリッツ13」に関して、訓練の主体となった第2護衛隊群司令部がまとめた成果報告書
(資料番号:12.6.28-2)「パナマ侵攻」『陸戦研究』2012年1月号掲載
(資料番号:06.4.15-3)「中国軍の台湾侵攻作戦指導分析」『中央資料隊情報資料』2005年10月号掲載

 

 

 

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。