google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「作戦」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:22.10.21-1)「研究瓦版(3-38)作戦上の予測不可能性と抑止」(2021年11月16日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:22.10.18-1)「ロシアの特別軍事作戦とノヴォロシアの関係性」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム243 2022/10/12)
(資料番号:22.8.3-2)「研究メモ(3-11)統合全領域作戦に関する研究」(2021年10月12日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:22.7.26-5)「研究メモ(3-8)戦略国際問題研究所防勢対宇宙作戦シナリオの検討」(2021年10月4日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:22.7.22-1)「研究瓦版(3-28)中国空軍の機敏な作戦展開への取り組み」(2021年9月30日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:22.5.20-1)「令和2年度作戦法規巡回講習」(海上自衛隊幹部学校運用教育研究部作戦法規研究室)
(資料番号:22.4.6-2)「ウクライナ侵攻作戦が長期化した原因―ロシア陸軍の『大隊戦術群』に関する考察―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム224 2022/04/04)
(資料番号:22.2.7-2)「中国人民解放軍の統合作戦構想の変遷」(防衛研究所令和2年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:21.11.22-1)「中国人民解放軍の統合作戦能力に対する台湾側の評価と対応手段の研究」(防衛研究所令和2年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:21.10.14-3)「航空自衛隊ドクトリン『作戦運用』」(航空幕僚監部 2019年9月)
(資料番号:21.10.13-3)「陸海作戦領域の干渉拡大と日本海軍の前進基地防御―未完の「対米鉄壁化地帯」―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第11巻第1号(2021年7月)掲載
(資料番号:21.10.12-4)「平成29・30年度指定研究『宇宙作戦に係る研究』研究成果」(統合幕僚学校教育課 2018年9月28日)
(資料番号:21.10.12-5)「指定研究『宇宙作戦に係る研究』米国調査報告」(30.4.24 統合幕僚学校教育課)
(資料番号:21.9.15-1)「米韓同盟と戦時作戦統制権の移管問題」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2021年9月号
(資料番号:21.9.2-1)「中国の『網電一体戦』からみる中国軍戦略支援部隊の作戦能力の研究」(陸自基礎情報隊 作成年月日:2020年8月6日)
(資料番号:21.8.10-1)「領域横断作戦にどう取り組むのか」『安全保障を考える』(公益社団法人 安全保障懇話会)第783号(2020年8月1日)
(資料番号:21.8.9-3)「今後の日本防衛に求められる新思考―米軍の『作戦デザイン』と『競争継続』に学ぶ―」『安全保障を考える』(公益社団法人 安全保障懇話会)第781号(2020年6月1日)
(資料番号:21.7.28-1)「研究瓦版(2-34)人民解放軍の作戦概念」(2020年12月1日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.6.15-3)「研究メモ(29-4)宇宙作戦の概要」(2017年10月6日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.6.15-2)「研究メモ(29-3)サイバー・宇宙に関する調査研究(航空作戦基盤強化のための原則事項)」(2017年7月31日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.6.11-1)「米陸軍の作戦術と戦術」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2021年6月号
(資料番号:21.5.21-3)「研究メモ(29-8)米空軍の『機敏な作戦展開(ACE)』構想の形成と発展」(2018年3月16日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.5.21-4)「研究メモ(29-9)米空軍の『機敏な作戦展開(ACE)』システムの形成と発展」(2018年3月28日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.5.19-1)「研究メモ(28-3)米軍の対A2/AD(Anti Access/Area Denial)作戦概念―ASB(Air-Sea Battle)、OSC(Offshore Contro1)及びDBD(Deterrence by Denia1)―」(2016年7月15日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.5.10-1)「中国軍の着上陸作戦における障害処理能力の研究」(陸自基礎情報隊 作成年月日:2020年5月28日)
(資料番号:21.5.3-1)「中国の軍改革後の陸軍砲兵部隊の現況と台湾の防衛作戦に対する影響」(陸自基礎情報隊 作成年月日:2020年4月23日)
(資料番号:21.4.27-1)「近年の米軍作戦コンセプトの展開 マルチドメイン作戦(MDO)コンセプトを中心に」(防衛研究所令和元年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:21.4.21-2)「アメリカ海軍の作戦」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム170 2020/07/20~2021/03/30連載)
(資料番号:21.2.19-1)「軍事組織の必要条件―作戦術とドクトリン―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第10巻第2号(2020年12月)掲載
(資料番号:21.1.6-3)「政軍関係に関する一考察―作戦立案活動に係るアドバイザリーグループの設置に向けて―」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第149号(2020年12月22日)
(資料番号:20.12.18-2)「米海軍の新たな戦い方の研究-作戦的視点から-」(防衛研究所平成29年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:20.12.5-1)「離島の作戦(試行案)」(陸上自衛隊教範5-01-01-02-28-0)
(資料番号:20.12.5-2)「離島の作戦(試行案)改正理由書」(陸上幕僚監部 2016年9月)
(資料番号:20.10.27-1)「研究瓦版(2―5)『作戦領域』としての宇宙―NATOの認識」(2020年6月9日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:20.11.26-1)「研究瓦版(2―3)マルチドメイン作戦について」(2020年5月27日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:20.10.25-1)「防空作戦教範」(統合教範13-0)
(資料番号:20.9.15-1)「沿海域作戦に関する米海兵隊作戦コンセプトの展開―『前方海軍基地』の『防衛』と『海軍・海兵隊統合(Naval Integration)』―」『安全保障戦略研究』第1巻第1号(2020年8月)掲載
(資料番号:20.9.12-3)「中国人民解放軍の統合作戦体制―習近平政権による指揮・命令系統の再編を中心に―」『防衛研究所紀要』第19巻第1号(2016年12月)掲載
(資料番号:20.8.7-2)「多次元統合防衛力の構築にむけて–5―戦史(ガダルカナル島作戦)を事例として―」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第133号(2020年8月4日)
(資料番号:20.8.3-1)「多国間の共同(連合)作戦に指揮権等が及ぼした影響に関する調査研究」(統幕学校平成30年部外委託研究)
(資料番号:20.7.29-1)「軍事作戦に関わる意志決定における文民と軍人の意見の調整と統合(その2)」(防衛研究所平成28年度特別研究成果報告書)
(資料番号:20.7.24-4)「中国建国70周年閲兵式に登場した情報作戦梯隊に関する報道」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2019年10月配信記事
(資料番号:20.6.23-1)「米軍の対A2/AD作戦構想と日本への影響」『調査と情報』(国立国会図書館調査及び立法考査局)第1101号(2020年6月16日)
(資料番号:20.6.14-1)「水陸両用作戦教範(試行案)」(統合教範14-0)
(資料番号:20.6.12-2)「冷戦後の共同・連合作戦における英米間の空軍力格差問題―英空軍の取り組みに学ぶ―」『鵬友』2019年7月号掲載
(資料番号:20.6.11-4)「人民解放軍の軍事作戦における東沙諸島の意義」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム162 2020/06/05)軍事作戦において東沙諸島がどのような意義を持つのか
(資料番号:20.5.1-2)「領域横断作戦(クロス・ドメイン・オペレーション)Cross-Domain Operation」(2018年11月 防衛省)
(資料番号:20.4.8-3)「新旧記述内容に関する対比表」空自教範「航空作戦」の新旧対照表
(資料番号:20.4.8-4)「作戦運用教範『航空作戦』改正の考え方」
(資料番号:20.4.6-3)「作戦システム管理群の活動と評価用器材等について」『そうび』(空自補給本部)No.185(2016年2月)掲載
(資料番号:20.3.9-2)「中国人民解放軍の統合作戦体制―概念・制度・訓練を中心に―(防衛研究所平成27年度特別研究成果報告書)
(資料番号:20.2.25-1)「米陸軍・マルチドメイン作戦(MDO)コンセプト―「21世紀の諸兵科連合」と新たな戦い方の模索―」『防衛研究所紀要』第22巻第1号(2019年11月)掲載
(資料番号:20.1.10-3)「米空軍ドクトリンANNEX 3-14『対宇宙作戦』について」(幹部学校研究瓦版(30-16) 30.11.26)
(資料番号:20.1.9-2)「軍事作戦をめぐるホワイトハウス=国防省関係―オバマ政権およびトランプ政権の比較を中心に―」『防衛研究所紀要』第21巻第2号(2019年3月)掲載
(資料番号:19.12.17-1)「領域横断作戦に必要な能力の発揮による海上自衛隊としての多次元統合防衛力の構築について」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第9巻第1号(2019年7月)掲載
(資料番号:19.11.6-3)「特殊作戦隊員の範囲等に関する訓令」(平成16年陸上自衛隊訓令第22号)
(資料番号:19.10.9-2)「Read. Write. Fight(米海軍作戦部長論文・翻訳)」『波涛』2018年10月号掲載
(資料番号:19.7.22-1)「湾岸戦争の航空作戦における連合作戦の実相」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2019年7月号
(資料番号:19.5.15-1)「Multinational Force Standing Operating Procedures(Version: 3.2)」(2018年10月)日米間に多国籍軍作戦規定(SOP)―日本は安保法制制定以前から策定に参画
(資料番号:19.5.15-2)「米国のトランスフォーメーションと主要国の対応」『防衛研究所紀要』第9巻第2号(2006年12月)掲載 日米間に多国籍軍作戦規定(SOP)―日本は安保法制制定以前から策定に参画
(資料番号:19.3.5-2)「『宇宙作戦に係る研究』第1期研究成果」(統幕学校平成29年度指定研究)
(資料番号:18.12.18-2)「指定研究『宇宙作戦に係る研究』第1期期末報告」(29.9.28 統幕学校教育課研究室指定研究「宇宙作戦」Gp.)
(資料番号:18.11.7-2)「北朝鮮、米国の『鼻血作戦』に対する反応」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2018年2月配信記事
(資料番号:18.10.24-1)「航空作戦」(航空自衛隊教範02-1)
(資料番号:18.9.29-2)「米軍の攻勢作戦実施にかかる考察(TST(緊急目標)対処の視点から)」(防衛研究所平成26年度特別研究成果報告書)
(資料番号:18.8.21-2)「米国の特殊作戦部隊の現状と課題」(防衛研究所平成26年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:18.7.20-1)「『プライベート・ライアン』で学ぶノルマンディ上陸作戦」『鵬友』2018年3月号掲載
(資料番号:18.7.11-5)「現代の国土防衛作戦遂行のための幕僚活動のあり方について―YS55演習の経験から―」『陸戦研究』2009年4月号掲載
(資料番号:18.7.5-1)「日本軍の上陸作戦に関する研究―陸海軍の典範令類の変遷を中心として―」『陸戦研究』2017年10月号掲載
(資料番号:18.6.15-1)「米陸軍作戦コンセプト『マルチドメイン・バトル』創出の背景―21世紀の戦争の様相とは―」『陸戦研究』2017年10月号掲載
(資料番号:18.3.19-1)「作戦とは何か―戦略と戦術を結び付ける役割、それが作戦だ―」『陸戦研究』2017年6月
(資料番号:18.2.28-1)「水陸両用作戦コンセプト(運用概念)の発出について(通知)」(統幕計第29号 29.3.27)
(資料番号:17.12.13-1)「海洋安全保障雑感~米国東海岸便り(No.7)~―中国の在外自国民退避救出作戦と朝鮮半島―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム095 2017/11/28)
(資料番号:17.11.10-1)「作戦運用教育への一提言~作戦術と作戦運用教育の比較から~」『陸戦研究』2017年6月号掲載
(資料番号:17.11.6-2)「サイバー戦入門(2)―サイバー戦の概念と作戦―」『波涛』2017年1月号
(資料番号:17.11.4-1)「水陸両用作戦の概要および航空自衛隊に求められる役割」『鵬友』2017年7月号掲載
(資料番号:17.9.27-3)「『旧陸軍の中央・作戦軍兵站幕僚組織』について」『陸戦研究』2017年4月号掲載
(資料番号:17.9.13-1)「米軍の対A2/AD(Anti Access/Area Denial)作戦概念―ASB(Air-Sea Battle)、OSC(Offshore Control)及びDBD(Deterrence by Denial)―」『エア・パワー研究』(空幹校航空研究センター)第3号(2016年12月)掲載
(資料番号:17.7.31-1)「作戦法規一般」(2016年 陸自小平学校人事教育部法務教官室)
(資料番号:17.7.31-2)「作戦法規一般」(2016年4月 陸自小平学校人事教育部法務教官室)
(資料番号:17.7.31-7)「自衛隊法(作戦法規集合教育)」(陸自小平学校法務教官室)
(資料番号:17.7.26-4)「水陸両用作戦における航空科部隊との連携」『航空安全情報』(陸幕装備計画部航空機課航空安全班)2016年10月号掲載
(資料番号:17.6.14-3)「米韓連合防衛体制の隙間をついた北朝鮮軍の延坪島砲撃作戦」『陸戦研究』2015年12月号連載
(資料番号:17.4.21-1)「Noncombatant Evacuation Operations」(Joint Publication 3-68)
(資料番号:17.4.21-2)「NONCOMBATANT EVACUATION OPERATIONS (NEO)」(在韓米軍)
(資料番号:17.1.23-2)「演習対抗部隊(第2部 作戦・戦闘)」(訓練資料4-10-01-03-26-0)
(資料番号:16.10.1-1)「水陸両用作戦」(訓練参考資料11-0)
(資料番号:16.8.26-2)「中国情勢~新型大国関係…~~航行の自由作戦…~~抗日戦争勝利70周年…~」(2016年3月1日 海上幕僚監部指揮通信情報部長 海将補 益田 徹也)
(資料番号:16.8.22-1)「平和作戦における軍事力の機能―シエラレオネへの介入を事例として―」(防衛研究所平成23年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:16.6.13-1)「韓国陸軍、北朝鮮占領時の安定化作戦を初演練」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2016年2月配信記事
(資料番号:16.2.6-2)「中国軍の着上陸作戦時における電子戦について」『基礎情報隊資料』2015年11月配信記事
(資料番号:15.10.26-2)「平和安全保障法制案について」(2015年6月 海上幕僚監部防衛課 幹部学校作戦法規研究室)日本共産党の仁比聡平議員が暴露
(資料番号:15.8.21-1)「湾岸戦争における航空作戦」(防衛研究所平成22年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:15.7.17-1)「離島の作戦」(陸自教範5-01-01-02-24-0)
(資料番号:15.4.20-1)「空挺作戦教範」(統合教範7-3)
(資料番号:15.4.20-2)「海空作戦教範」(統合教範10-2)
(資料番号:15.4.20-3)「防空作戦教範」(統合教範13-0)
(資料番号:15.3.12-1)「空地作戦教範」(統合教範6-2)
(資料番号:15.1.7-3)「航空作戦」(航空自衛隊教範02-1)
(資料番号:14.11.25-1)「米軍の作戦計画立案の考え方」『波涛』2013年7月号掲載
(資料番号:14.10.1-4)「対ゲリラ・コマンドウ作戦」(陸自教範5-01-01-03-24-0)
(資料番号:14.9.22-3)「米海軍作戦部長の航海計画2015-2019」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 トピックス026 2014/09/08)
(資料番号:14.8.26-2)「中国人民解放軍の作戦・戦闘資料集」(陸自基礎情報隊 2008年3月)
(資料番号:14.8.18-1)「エアシー・バトルの変容―対中作戦構想から、アクセス維持のための限定的作戦構想へ―」『海幹校戦略研究』第3巻第2号(2013年12月)掲載
(資料番号:14.4.30-2)「空地作戦教範」(統合教範6-2)
(資料番号:14.2.22-2)「海上作戦輸送教範」(統合教範5-2)
(資料番号:14.2.15-2)「在韓米軍の現状と課題『戦時作戦統制権の返還』」『波涛』2013年1月号掲載
(資料番号:14.1.29-2)「平成24年度作戦法規巡回講習―無人機の運用及びサイバー攻撃に関する国際法上の論点―」(海自幹部学校研究部第3研究室)
(資料番号:14.1.18-3)「米国における対反乱(COIN)作戦をめぐる論争とその影響」(防衛研究所平成23年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:14.1.8-2)「法戦」(海自幹部学校作戦法規研究室) *平成25年度作戦法規巡回講習。
(資料番号:13.9.19-4)「本格的陸上作戦」(陸自教範5-01-01-01-20-0)
(資料番号:13.9.9-1)「本格的陸上作戦の解説」(2009年6月 陸戦学会)
(資料番号:13.8.6-2)「海上自衛隊の行動に関する国際法及び国内法(作戦法規)の基盤的研究」(海上自衛隊幹部学校作戦法規研究室 25.3.29)
(資料番号:13.8.3-1)「北朝鮮、金正恩が作戦会議を緊急招集」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2013年4月配信記事 火力打撃計画を最終検討・批准した。」と題する記事の全文を翻訳
(資料番号:13.7.8-3)「太平洋戦争における島嶼作戦準備(その1)」(防衛研究所平成23年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:13.6.21-3)「諸外国の水陸両用作戦に関する調査研究」(平成24年度統合幕僚学校委託研究)
(資料番号:13.6.13-1)「わが国の水陸両用作戦ビジョン」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ コラム041 2013/05/08)
(資料番号:13.3.25-1)「我が国に必要な水陸両用作戦能力とその運用上の課題―米軍の水陸両用作戦能力の調査、分析を踏まえて―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第2巻第2号(2012年12月)掲載
(資料番号:13.3.16-1)「米国の水陸両用作戦の趨勢―統合ドクトリンの比較を中心に―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第2巻第2号(2012年12月)掲載
(資料番号:13.1.10-3)「中国南海艦隊北海水警区、漁船監視船を海軍作戦序列に編入した訓練を実施」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年9月配信記事
(資料番号:12.12.21-3)「海上自衛隊の行動に関する国際法及び国内法(作戦法規)の基盤的研究」(海上自衛隊幹部学校第3研究室 24.4.19)
(資料番号:12.12.3-1)「『離島の作戦における普通科の戦い方』について」『FUJI』2012年4~8月号連載
(資料番号:12.11.3-1)「離島の作戦改定理由書」(陸上幕僚監部 2007年1月)
(資料番号:12.10.3-1)「米軍の対テロ作戦における特殊作戦部隊の役割」(防衛研究所平成22年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:12.9.25-1)「対反乱作戦研究の問題点と今後の動向について」(防衛研究所平成22年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:12.8.18-1)「航空作戦(航空学生課程)」(空自第12飛行教育団)
(資料番号:12.7.23-1)「自衛隊の作戦支援に供する大型航空機の整備の方向性について」(防衛研究所平成21年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:12.6.11-4)「東日本大震災における自衛隊の活動・日米協力―自衛隊の災害派遣と米軍のトモダチ作戦の課題―」『立法と調査』 (参議院事務局企画調整室)第329号(2012年6月1日)掲載
(資料番号:12.5.7-1)「陸海統連合作戦」(第12飛行教育団)
(資料番号:12.4.2-1)「離島の作戦」(陸自教範5-01-01-02-18-1)
(資料番号:12.3.10-1)「米軍における戦術空軍形成に関する一考察―南西太平洋航空作戦を中心として―」(防衛研究所平成21年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:12.2.20-1)「『湾岸の夜明け』作戦に掃海部隊派遣」(「海上自衛隊50年史」から抜粋)
(資料番号:11.11.21-1)「作戦原則」(空自第63期航空学生課程教程)
(資料番号:11.9.27-3)「米軍の情報作戦と我が国への適応」(防衛研究所平成21年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:11.9.8-3)「Psychological Operations」(Joint Publication 3-13.2 07 January 2010)
(資料番号:11.9.8-4)「心理作戦」(Joint Publication 3-13.2)
(資料番号:11.9.6-1)「Operations Security」(Joint Publication 3-13.3 29 June 2006)
(資料番号:11.9.6-2)「作戦保全」(Joint Publication 3-13.3)
(資料番号:11.9.1-2)「電子戦」(Joint Publication 3-13.1)第 1 章 電子戦の概要 7.電子戦と情報作戦の関係性
(資料番号:11.8.26-2)「Joint Doctrine for Information Operation 」(Joint Publication 3-13 9 October 1998)
(資料番号:11.8.26-3)「情報作戦の統合ドクトリン」(Joint Publication 3-13)
(資料番号:11.8.23-2)「Counterair Operations」(Air Force Doctrine Document 2-1.1 1 October 2008)
(資料番号:11.8.23-3)「対航空作戦」(Air Force Doctrine Document 2-1.1)
(資料番号:10.7.24-4)「特殊作戦」米空軍教範
(資料番号:11.7.13-1)「Japan 2011 Earthquake: U.S. Department of Defense (DOD) Response」(米国議会図書館議会調査局(CRS)レポート 2011年3月17日)「トモダチ作戦」の概況
(資料番号:11.7.13-2)「Japan 2011 Earthquake: U.S. Department of Defense (DOD) Response」(米国議会図書館議会調査局(CRS)レポート 2011年3月22日)「トモダチ作戦」の概況
(資料番号:11.7.5-5)「シャープ在韓米軍司令官、北朝鮮の特殊部隊20万人の構成に言及」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2011年2月配信記事 軽歩兵部隊約14万人、特殊作戦専門兵力約6万人で構成
(資料番号:10.7.22-1)「Airlift Operations」(Air Force Doctrine Document 2–6.1 13 November 1999)米空軍教範
(資料番号:10.7.22-2)「空輸作戦」米空軍教範
(資料番号:10.7.21-1)「Psychological Operations」(Air Force Doctrine Document 2–5.3 27 August 1999)米空軍教範
(資料番号:10.7.21-2)「心理作戦」米空軍教範
(資料番号:10.7.20-2)「宇宙作戦」米空軍教範
(資料番号:10.6.22-1)「アフガニスタン国際治安支援部隊(ISAF)による安定化作戦」(防衛研究所平成20年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:09.2.23-1)「航空機動作戦」(Air Force Doctrine Document 2-6 2006年3月1日)米空軍教範
(資料番号:09.2.23-2)「国土作戦」(Air Force Doctrine Document 2-10 2006年3月21日)米空軍教範
(資料番号:08.7.26-1)「非戦闘員の避難作戦」(FM90-29)
(資料番号:06.4.15-3)「中国軍の台湾侵攻作戦指導分析」『中央資料隊情報資料』2005年10月号掲載

□ 『軍事民論』第686号(2月1日発行)…7頁 。
 即応機動連隊の離島防衛作戦―陸自教範「即応機動連隊(仮称)(試行案)」より
□ 『軍事民論』第665号(1月14日発行)…7頁
資料:陸上自衛隊作戦別教範「離島の作戦(試行案)」(抜粋)
「南シナ海での中国との紛争における地対艦ミサイルの効果―米議会予算局報告書」
○『軍事民論』第517号(2012年5月7日発行)
 〈特集〉自衛隊が構想する「対着上陸作戦」―教範、教程、オーラル・ヒストリーより
○『軍事民論』第519号(2012年7月4日発行)
 〈特集〉「野外令」(陸自教範)の変遷に見る日米共同作戦
 (付録)資料:陸上自衛隊の駐(分)屯地配置図(「平成20年度陸上自衛隊史」(陸上幕僚監部)より抜粋) *全国の駐(分)屯地が地図で示されています。
○『軍事民論』第515号(2012年4月2日発行)
 〈特集〉陸上自衛隊の離島奪回作戦―陸自作戦別教範「離島の作戦」より

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。