google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(177)施設学校 島嶼侵攻対処支援研究 実員検証ニトロメタン爆破計測

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



入札日:令和3年10月11日
陸上自衛隊施設学校
島嶼侵攻事態対処に関わる施設支援に関する研究実員検証爆破計測技術援助役務
https://www.mod.go.jp/gsdf/eae/kaikei/eafin/koukoku/20211011-ENGS-0350.pdf

 島嶼侵攻事態対処に関わる施設支援に関する研究実員検証爆破計測技術援助とある。
 ニトロメタンを燃料として使う爆轟チューブの爆発威力を計測するようだ。ニトロメタンというのは溶媒や洗浄などにも使われるガソリンに似た液体で、燃料としても使われるものだ。レーシングーカーのエンジンやラジコン用エンジンの燃料にに使われている。少ない酸素で燃やすことができ、ガソリンよりはエネルギー密度が低いものの、差し引きでガソリンの2.3倍程度の出力を発揮できようだ。
 酸素が少なくても燃えると書いたが、コンポジット固体燃料ロケットの燃料に混ぜ合わせられる原料の一つであるところの、過酸化アンモニウムという酸化剤と混ぜると、熱で分解して酸素を出すため、爆発を起こすことができる。オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件で使われたものがこれである。

 ここで思い出すのが、燃料気化爆弾だ。これには酸化エチレンが使われるのだが、密閉容器内に詰め込んだ状態で、爆薬で起爆すると過加熱状態となり、容器が圧に耐えられなくなると、外部に噴出し一瞬で気化する。これに別の火種で着火すると大気中の酸素と反応して大爆発を起こすというものだ。
 ニトロメタンを封入した爆轟チューブというのは、性質的にこれに近いものではないだろうか。もちろん燃料気化爆弾ではないから、そのままチューブ内で爆轟を起こさせるのだろうが、かなり多くの部分がチューブを壊しながら、燃え広がるのだろう。
 ところで、この爆轟チューブを島嶼侵攻事態対処に関わる施設支援に関する爆破に使う研究とあるのだが具体的にどのようなことなのだろうか。

 島嶼侵攻事態対処という用語は、少なくとも固有名詞としてはない。もちろん武力攻撃事態などの法令用語でもない。調べると平成29年前後から、僅かではあるが、文中に出てくることもあるようだ。陸上自衛隊とか、一部の部隊のみで使われるのかもしれないが、普通名詞に過ぎないようだ。
 まあ、特別な意味はなく文字通りの意味なのだろう。
 防衛白書には次のようなページがある。

島嶼部を含むわが国に対する攻撃への対応
https://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2020/pdf/R02030102.pdf

 253頁の図には、画像収集衛星、測位衛星、彼我の潜水艦、水上艦艇が描かれ、洋上では、海上航空支援、対水上戦、対潜戦、機雷敷設戦、対機雷戦が行われている。空中では、全般防空、近接航空支援や空中給油、陸上では、着上陸、予想地域に部隊展開、奪回作戦などが描かれている。
 それらの中で考えた時、この研究を行うのは施設学校であり、施設科すなわち工兵の戦闘に関する研究ということだろうから、島の攻防の中で工兵が使うものなのだろう。仕様書にはチューブと書いてあるので筒状のものだ。工兵で筒状と言えば、爆薬(破壊)筒だろう。
 要するに「爆弾3勇士」が、抱えて敵陣に突入し自爆したことで有名なものである。本来は、これを鉄条網や地雷原に挿入し爆発させて、障害を除去するものである。筒状だから、つないで押し出せば、敵の射撃を避けながら、敵方へ移動させることができる。

 あるいは導爆管もなくはない。複数の爆薬を同時に起爆したり、樹木などに巻き付けて爆発させれば伐採にも使える。例えば建物の柱や橋梁の骨組みに使うことで破壊するというのも工兵の仕事だ。関東大震災で半壊した浅草の凌雲閣を除去したのは旧陸軍の工兵隊である。
 ただ、これらの工兵資材は、決して島嶼戦のみで使用するものではない。強いて言えばだが、一般論として島嶼は、大陸と比べ地積が小さい場合が多く機動戦をやり難いため陣地戦になり易い。また狭いということは砲爆撃が集中するから築城が重視されるだろう。とは言っても比較の問題である。
 爆薬(破壊)筒や導爆管には、トリニトロトルエンが使われることが多い。というより、軍用爆薬として一般的だ。ペンスリットとかコンポジション4とかもあるが、一長一短なのだろう。

 軍用爆薬の目的は、一般的に破壊することであるから、猛度、すなわち固体に対して、強い衝撃波を与えるようなものが選ばれる。それに対し産業用のダイナマイトなどは、岩盤などの除去を目的とするので、押し出すことが主眼である。衝撃波よりも発生ガスの量が重要となる。
 例えば坑道を掘削する場合、削岩機で爆薬を挿入する穴をあけるが、その向きや位置は岩盤をはぎ取りやすい形に穿つことになる。周囲を余計に破壊したのでは支保工が余計に必要になるから衝撃波が強すぎるのは禁物で、あくまでガスの圧力を楔のように使うのである。この際、酸欠ガスや有毒ガスが大量に出ては作業に影響するから、ニトロセルロースとニトログリセリンを合わせて打ち消すようにするなど工夫されている。
 つまり使用目的に応じたものが使われるということだ。

 それでは、なぜニトロメタンを使うのだろうか。一つ考えられるのは、これらの燃料系爆薬はエネルギーが大きいのだ。一般的な爆薬には、内部に酸化剤を含んでいるとか、爆薬自体が酸化剤としての機能を有している。あるいは分子構造内部に歪をもっていて、それが解放されるときに大きなエネルギーを出すのである。しかし、一般の燃料が大気中の酸素を利用するのに対し、熱源としては爆薬はエネルギーがその分、小さいのだ。
 ただし、分子の内部に酸化剤となる部分を含んでいるから反応速度が大きいという特徴がある。わざわざ酸化剤を遠くからもってくる必要がないのである。
 爆薬の反応速度は人工衛星なみに速いから近くに接しているものを破壊するには向いているが、広範囲を破壊するような場合、大量に必要になるのである。

 先に燃料気化爆弾について書いたが、これは爆薬の欠点である低エネルギーを解決するために開発されたのである。ただし、大きな反応速度を得るためには大気中の酸素を必要とするし、反応速度は低いので、爆圧のピークは小さくなる。その代わり高い圧力が長く続くという特徴がある。さらにエネルギーが大きいから熱の影響も大きい。
 ニトロメタンは、ガソリンと比べると数分の一のエネルギーしか持っていないが、少ない酸素でより多く反応できるという特徴があるから、燃料気化爆弾のように燃料を沸騰気化して大気を大量に巻き込まなくても反応することができる。つまり穴の中とか、土中でもそこそこの反応が可能ということになる。
 島嶼での戦闘では、航空機や艦船でなければ行くことができない。もちろん船舶は大物の運搬には向いているのであるが、荷役作業がネックになるし、輸送速度も低い、部隊が戦闘するためには大量の物資が必要だから積載量をなるべく減らしたい。ただし、陸上輸送も大物には向いていないので一長一短なのだが、陸上のように所々に補給拠点を作る場所も限定されてしまう。

 近傍の島なら問題にならないのかもしれないが、遠方の島では、結局現地にある物資で戦わなければならないのは、コルベットが局地戦を海戦から論じたのと同じところだ。
 要するに少しでも爆薬類も減らしたい、あるいは少ない量の爆薬で済ましたいのだろう。それに、ある程度、無理をすれば、車両や発電機の燃料にも使えそうだ。ディーゼルやガスタービンは様々な燃料に適応性がある。ラジコンに使われるグローエンジンは、プラグの熱で補助するにしても、圧縮点火を用いているからおそらく近い特性だろう。ディーゼルエンジンにガソリンを入れた場合の問題は、燃料ポンプの潤滑に影響を与えることのようだから、潤滑油を混合させれば影響は少なくなるだろうし、燃焼そのものの問題ではないようである。
 あるいは逆にニトロメタン用の爆轟チューブに、軽油やガソリンも使えるかもしれない。もちろん、発生ガスなどを考慮してのことだが。

 ニトロメタンは洗浄や抽出のための溶剤としても使われているから、武器の清掃などにも使えそうである。
 様々に応用が利き、使いまわしが利かないと、離島では枯渇しましたでは済まないということだと思う。
ただニトロメタンの仕事量がトリニトロトルエンの半分程度しかないのが気になる。黒色火薬などと同程度のようだ。
関連記事
施設学校研究

島嶼

軍事問題研究会関連資料販売 関連資料として以下を所蔵しております。お問合せはこちら
(資料番号:21.5.10-1)「中国軍の着上陸作戦における障害処理能力の研究」(陸自基礎情報隊 作成年月日:2020年5月28日)
(資料番号:20.12.5-1)「離島の作戦(試行案)」(陸上自衛隊教範5-01-01-02-28-0)
(資料番号:20.12.5-2)「離島の作戦(試行案)改正理由書」(陸上幕僚監部 2016年9月)
(資料番号:20.10.26-1)「『おおすみ』型輸送艦海上輸送便覧」(1輸隊第83号(26.3.31)別冊)
(資料番号:20.9.14-1)「太平洋島嶼国と『一帯一路』構想―国際秩序の改革を意識する中国―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第10巻第1号(通巻第20号)2020年7月掲載
(資料番号:20.6.19-1)「領土・主権に関する史料収集(これまでの成果について:尖閣諸島)」(2020年6月15日 公益財団法人日本国際問題研究所)
(資料番号:20.6.11-4)「人民解放軍の軍事作戦における東沙諸島の意義」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム162 2020/06/05)
(資料番号:20.6.9-1)「尖閣諸島沖領海における中国公船による日本漁船の追跡―海洋における法律戦―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム160 2020/05/28)
(資料番号:20.3.16-2)「南洋諸島への陸軍部隊の増強―編成と輸送の問題を中心に―」(防衛研究所平成27年度所基礎研究成果報告書)
(資料番号:19.10.20-1)「米海軍強襲揚陸艦『アメリカ』、『ワスプ』と交代し2019年後半に日本展開へ」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2019年2月配信記事
(資料番号:18.7.20-1)「『プライベート・ライアン』で学ぶノルマンディ上陸作戦」『鵬友』2018年3月号掲載
(資料番号:18.7.5-1)「日本軍の上陸作戦に関する研究―陸海軍の典範令類の変遷を中心として―」『陸戦研究』2017年10月号掲載
(資料番号:18.5.31-1)「中国の太平洋島嶼国への進出と『一帯一路』構想」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第73号(2018年5月25日)
(資料番号:17.9.12-1)「将来兵站体制をどう考えるか?(南西諸島事態を睨んだ方面隊の兵站体制)」『陸戦研究』2017年2月号掲載
(資料番号:17.6.3-1)「有人国境離島地域の保全及び特定有人国境離島地域に係る地域社会の維持に関する基本的な方針」(2017年4月7日 内閣総理大臣決定)
(資料番号:17.6.3-2)「有人国境離島地域の保全に関する状況」(2017年4月 内閣府総合海洋政策推進事務局)
(資料番号:16.3.14-4)「マリアナ戦史に見る離島住民の安全確保についての考察―事前の島外避難及び地上戦における島内避難を焦点として―」『陸戦研究』2015年12月号掲載
(資料番号:15.12.22-3)「西沙諸島、そして南シナ海における米国の権益とアプローチ」(米陸軍戦略大学戦略研究所 2014年6月)
(資料番号:15.10.14-1)「平成25年度米国における統合訓練(実動訓練)に関する実施報告」(2護群(訓)第278号(25.8.5)別冊第2)島嶼侵攻対処に係る自衛隊の統合運用と米軍との共同対処要領を演練することを目的に自衛隊が初参加した「ドーン・ブリッツ13」に関して、訓練の主体となった第2護衛隊群司令部がまとめた成果報告書
(資料番号:15.9.9-1)「諸外国の島嶼部における国境警備」(陸自研究本部平成23年度部外委託研究)
(資料番号:15.7.17-1)「離島の作戦」(陸自教範5-01-01-02-24-0)
(資料番号:15.5.15-5)「離島等に対する武装集団による不法上陸等事案に対する政府の対処について」(2015年5月14日 閣議決定)
(資料番号:15.3.23-4)「我が国の島嶼防衛には何が必要か―フォークランド紛争における教訓―」『陸戦研究』2014年1~4月号連載(3回)
(資料番号:14.10.17-1)「ドーン・ブリッツ」(平成26年レビューシート)島嶼防衛訓練
(資料番号:14.9.8-4)「今後の国境離島の保全、管理及び振興のあり方について最終提言」(2014年6月30日 国境離島の保全、管理及び振興のあり方に関する有識者懇談会)
(資料番号:14.9.4-1)「中国軍事専門誌、元海監支隊長の尖閣諸島海域に関する寄稿論文を掲載」『基礎情報隊資料』2014年6月配信記事
(資料番号:14.3.28-1)「尖閣諸島、竹島等に関する最近の中国語、朝鮮語資料」『レファレンス』(国立国会図書館調査及び立法考査局)2014年3月号掲載
(資料番号:14.2.28-2)「上陸用艦艇の種類及び特性について」『FUJI』2013年9月号掲載
(資料番号:13.12.2-1)「尖閣諸島をめぐる日中の対外発信活動」『レファレンス』(国会図書館調査及び立法考査局)2013年11月号掲載
(資料番号:13.7.16-2)「会員の質問事項への回答(14)」(尖閣諸島問題)『陸戦研究』2013年2月号掲載
(資料番号:13.7.8-3)「太平洋戦争における島嶼作戦準備(その1)」(防衛研究所平成23年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:13.6.11-3)「地対艦ミサイルシステムの海上自衛隊輸送艦での輸送要領について」『FUJI』2013年1月号掲載
(資料番号:13.6.5-6)「新『防衛計画の大綱』策定に係る提言(「防衛を取り戻す」)」(2013年6月4日 自由民主党) 離島防衛のための海兵隊構想などを提言しています。
(資料番号:13.3.22-2)「『離島における築城』研究成果について(報告)(情研臨第6号)」(施学研第17号 22.3.17)
(資料番号:13.3.11-1)「ジョセフ・ナイの見た尖閣問題」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ トピックス018 2013/03/08)
(資料番号:13.2.22-2)「Japan-U.S. Relations: Issues for Congress」(CRS Report RL33436)沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中の争いについて米国が日中軍事衝突に直接巻き込まれる可能性があると懸念
(資料番号:13.2.16-1)「我が国にとっての島嶼防衛―『尖閣諸島防衛』及び『先島・沖縄諸島防衛』という二つの命題」『修親』2012年11~12月号連載
(資料番号:13.2.8-1)「中国海監東海総隊、権益擁護・法執行活動を全面的に強化」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年10月配信記事
(資料番号:13.2.8-2)「中国漁業監視船、尖閣諸島海域における漁業保護・権益擁護任務を完遂し上海に帰港」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年10月配信記事
(資料番号:13.1.21-4)「日本の安全保障戦略構想における島嶼部東南アジアの意義と役割―インドネシアの脅威評価と能力ギャップに関する国内政軍関係及び周辺諸国との戦略的関係の分析―」(防衛研究所平成22年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:13.1.18-2)「【アメリカ】2013年度国防授権法と尖閣問題」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.254-1(2013年1月:月刊版)掲載尖閣諸島が日本の施政下で、日米安全保障条約の適用対象であるとする条項の要旨
(資料番号:13.1.15-4)「島嶼部の戦いにおける成功要因と教訓―米軍のガダルカナル戦での勝因について―」『陸戦研究』2012年9月号掲載
(資料番号:13.1.10-1)「尖閣諸島問題を巡る日中関係悪化に対する南北朝鮮の反応について」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年9月配信記事
(資料番号:13.1.10-2)「中国国家海洋局、釣魚島海域等を監視範囲とする監視観測システムを整備」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年9月配信記事
(資料番号:13.1.10-3)「中国南海艦隊北海水警区、漁船監視船を海軍作戦序列に編入した訓練を実施」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年9月配信記事
(資料番号:12.12.3-1)「『離島の作戦における普通科の戦い方』について」『FUJI』2012年4~8月号連載
(資料番号:12.11.24-2)「液体式ロケットエンジン」
(資料番号:12.11.16-1)「【アメリカ】アジアの海洋領有権紛争・主権問題に関する上院公聴会」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.253-2(2012年11月:月刊版)掲載 南シナ海領有権紛争、尖閣諸島をめぐる日中の動きを中心にした公聴会を開催
(資料番号:12.11.6-1)「尖閣諸島をめぐる問題と日中関係―日本の領土編入から今日までの経緯と今後の課題―」『立法と調査』(参議院事務局企画調整室編集・発行)第334号(2012年11月1日)掲載
(資料番号:12.11.3-1)「離島の作戦改定理由書」(陸上幕僚監部 2007年1月)
(資料番号:12.10.18-4)「【中国】日本政府の魚釣島等購入に対する全人代外事委員会及び外交部の声明」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.253-1(2012年10月:月刊版)掲載
(資料番号:12.9.1-7)「香港の民間活動家らによる尖閣諸島不法上陸を厳しく糾弾し、厳重に抗議する決議」(2012年8月29日 参議院本会議)
(資料番号:12.9.1-1)「香港の民間活動家らによる尖閣諸島不法上陸に関する決議」(衆議院第180回決議第6号)
(資料番号:12.9.1-2)「香港の民間活動家らによる尖閣諸島不法上陸に関する決議に対する野田内閣総理大臣の所見」
(資料番号:12.4.2-1)「離島の作戦」(陸自教範5-01-01-02-18-1)
(資料番号:11.10.6-3)「中国の南太平洋島嶼諸国に対する関与の動向―その戦略的影響と対応―」『海幹校戦略研究』第1巻第1号(2011年5月)掲載
(資料番号:11.9.7-2)「中国漁政船、尖閣諸島海域においてパトロールを計画」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2010年10月配信記事
(資料番号:11.9.7-5)「中国海監、2007年から2010年の間、外国の軍事調査船に対する監視・管理を延べ100回実施」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2011年4月配信記事
(資料番号:11.9.7-3)「中国、海監に関する『中長期発展計画』を策定」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2010年10月配信記事
(資料番号:11.9.7-4)「中国漁業監視船『漁政201』が尖閣諸島周辺海域を航行」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2011年2月配信記事
(資料番号:11.9.7-1)「中国、『中華人民共和国島嶼保護法』が施行」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2010年4月配信記事
(資料番号11.8.26-1)「松本外務大臣から程永華駐日中国大使への申入れ」(2011年8月25日)尖閣諸島沖の我が国領海内侵入事件に関して申入れを伝える外務省プレス・リリース
(資料番号:11.8.20-2)「ロシア、ウクライナおよび旧ソビエト連邦の液体推進剤(燃料)ロケット・エンジン」
(資料番号:11.3.10-1)「尖閣諸島の防衛に関する質問&答弁書」(内閣参質177第65号 2011年2月25日)
(資料番号:11.2.18-1)「尖閣諸島の実効支配強化に向けた政府の取組に関する質問&答弁書」(内閣衆質177第5号 2011年2月1日)
(資料番号:11.2.18-1)「尖閣諸島の実効支配強化に向けた政府の取組に関する質問&答弁書」(内閣衆質177第5号 2011年2月1日)
(資料番号:11.2.3-4)「【中国】尖閣諸島海域漁船衝突事件についての中国外交部発言(3)」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.246-1(2011年1月:月刊版)
(資料番号:11.1.4-1)「【中国】尖閣諸島海域漁船衝突事件についての中国外交部発言」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.245-1(2010年10月:月刊版)掲載
(資料番号:11.1.4-2)「【中国】尖閣諸島海域漁船衝突事件についての中国外交部発言(2)」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.245-2(2010年11月:月刊版)掲載
(資料番号:11.1.4-3)「尖閣諸島をめぐる問題~日本の領土編入から今日までの経緯~」『立法と調査』 (参議院常任委員会調査室・特別調査室)第311号(2010年12月1日)
(資料番号:10.12.23-1)「国会答弁資料(尖閣諸島関連)」
(資料番号:10.11.8-2)「尖閣諸島と日米地位協定に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第44号 2010年10月22日)
(資料番号:10.11.8-3)「一九七八年一〇月二五日の鄧小平・中華人民共和国副総理の日本記者クラブ内外記者会見での尖閣諸島に係わる発言に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第69号 2010年10月26日)
(資料番号:10.10.25-1)「尖閣諸島沖で起きた衝突事件に係る中国側による駐中国日本国大使の呼び出しに関する質問&答弁書」(内閣衆質176第3号 2010年10月12日)
(資料番号:10.10.25-2)「尖閣諸島沖で起きた衝突事件に関連する中国側による我が国への経済的対抗措置等についての政府の対応に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第4号 2010年10月12日)
(資料番号:10.10.25-3)「尖閣諸島沖での衝突事件発生後の中国側による東シナ海ガス田開発着手についての政府の対応に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第6号 2010年10月12日)
(資料番号:10.10.25-4)「尖閣諸島沖で我が国の海上保安船に衝突した中国漁船船長の釈放を那覇地方検察庁が決定した件に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第7号 2010年10月12日)
(資料番号:10.10.25-5)「中国トロール漁船の船長が抵触したと考えられる法律と検察庁の対応等に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第17号 2010年10月12日)
(資料番号:10.10.25-6)「被疑者である中国人船長の出国と公訴時効等に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第18号 2010年10月12日)
(資料番号:10.10.25-7)「中国漁船による公務執行妨害等被疑事件について九月二十四日に那覇地検が行った記者会見の内容等に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第22号 2010年10月12日)
(資料番号:10.10.25-8)「中国人船長の釈放方針決定に至る経緯と法務大臣の指揮等に関する質問&答弁書」(内閣衆質176第23号 2010年10月12日)
(資料番号:10.10.1-1)尖閣諸島周辺領海内における我が国巡視船と中国漁船との接触事案」(外務報道官談話 2010年9月25日)
(資料番号:10.9.14-1)「中国(香港)保釣行動委員会、2006年尖閣諸島上陸行動」『中央資料隊情報資料』(陸自中央資料隊)2006年11月号掲載
(資料番号:10.9.14-2)「香港保釣行動委員会、尖閣諸島への航行計画及び安倍首相に対する声明を発表」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2007年7月号掲載
(資料番号:09.3.13-1)「我が国排他的経済水域におけるガス田試掘の安全確保」『法翼』(空幕首席法務官)第26号(07年12月)
(資料番号:07.3.9-1)「尖閣諸島の領有をめぐる論点—日中両国の見解を中心に—」『調査と情報』(国会図書館調査及び立法考査局)第565号(07年2月28日)
(資料番号:08.6.23-1)「東シナ海における日中間の協力について(日中共同プレス発表)」(08年6月18日)
(資料番号:08.10.9-1)「東シナ海の資源開発における日中間の協力〜共同開発と境界画定問題に関する現状と今後の展望〜」(衆議院調査局外務調査室レポート 08年9月29日発行)
(資料番号:07.3.9-1)「尖閣諸島の領有をめぐる論点—日中両国の見解を中心に—」『調査と情報』(国会図書館調査及び立法考査局)第565号(07年2月28日)
(資料番号:06.6.21-1)「東シナ海における日中境界画定問題—国際法から見たガス田開発問題—」『調査と情報』(国会図書館立法考査局)第547号(06年6月16日)

□ 『軍事民論』第673号(5月18日発行)…11頁
 尖閣諸島を巡る日中の軍事戦略―中国の「漸進的な拡張」vs日本の「柔軟抑止」
□ 『軍事民論』第672号(5月17日発行)…8頁
 尖閣上陸阻止と危害射撃―どこまで可能と自衛隊が考えているかを部内資料から推察する
○『軍事民論』第517号(2012年5月7日発行)
 〈特集〉自衛隊が構想する「対着上陸作戦」―教範、教程、オーラル・ヒストリーより
○『軍事民論』第515号(2012年4月2日発行)
 〈特集〉陸上自衛隊の離島奪回作戦―陸自作戦別教範「離島の作戦」より

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。