google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「日中」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:21.1.12-1)「日中戦争期における日本陸軍の情報活動―華北における治安戦を中心に―」(防衛研究所平成29年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:20.5.18-2)「ビルマ戦、1942年―日中の視点から」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2020年2月号
(資料番号:20.3.14-1)「日本陸軍の治安戦―1940年代中国華中地域を事例として―」(防衛研究所平成27年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:20.3.4-2)「日本陸軍の治安戦―1940年代中国華北地域を事例として―」(防衛研究所平成26年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:18.9.11-3)「米中関係(米国核態勢見直しに対する中国外交部コメント:2月5日中国外交部定例記者会見)」(2018年2月12日) *外務省公電
(資料番号:14.7.11-4「日中の装輪戦闘車発展比較」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2014年4月配信記事
(資料番号:14.5.28-1)「齋木外務事務次官から程永華駐日中国大使への抗議」(2014年5月26日)中国軍機異常接近事件関連
(資料番号:13.12.2-1)「尖閣諸島をめぐる日中の対外発信活動」『レファレンス』(国会図書館調査及び立法考査局)2013年11月号掲載
(資料番号:13.4.6-1)「中越間のトンキン湾海上境界画定にみる東シナ海における日中間の海上境界画定に向けた方策―緊張状態の下での現状維持の追求―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第2巻第2号(2012年12月)掲載
(資料番号:13.2.22-2)「Japan-U.S. Relations: Issues for Congress」(CRS Report RL33436)沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中の争いについて米国が日中軍事衝突に直接巻き込まれる可能性があると懸念
(資料番号:13.1.10-1)「尖閣諸島問題を巡る日中関係悪化に対する南北朝鮮の反応について」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年9月配信記事
(資料番号:12.11.16-1)「【アメリカ】アジアの海洋領有権紛争・主権問題に関する上院公聴会」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.253-2(2012年11月:月刊版)掲載 南シナ海領有権紛争、尖閣諸島をめぐる日中の動きを中心にした公聴会を開催
(資料番号:12.11.6-1)「尖閣諸島をめぐる問題と日中関係―日本の領土編入から今日までの経緯と今後の課題―」『立法と調査』(参議院事務局企画調整室編集・発行)第334号(2012年11月1日)掲載
(資料番号11.8.26-1)「松本外務大臣から程永華駐日中国大使への申入れ」(2011年8月25日)尖閣諸島沖の我が国領海内侵入事件に関して申入れを伝える外務省プレス・リリース
(資料番号:11.2.2-1)「第12回日中安保対話(概要)」(2011年1月24日 外務省アジア大洋州局中国・モンゴル課 防衛省防衛政策局国際政策課
(資料番号:08.10.9-1)「東シナ海の資源開発における日中間の協力〜共同開発と境界画定問題に関する現状と今後の展望〜」(衆議院調査局外務調査室レポート 08年9月29日発行)
(資料番号:08.6.23-1)「東シナ海における日中間の協力について(日中共同プレス発表)」(08年6月18日)
(資料番号:07.3.9-1)「尖閣諸島の領有をめぐる論点—日中両国の見解を中心に—」『調査と情報』(国会図書館調査及び立法考査局)第565号(07年2月28日)
(資料番号:06.6.21-1)「東シナ海における日中境界画定問題—国際法から見たガス田開発問題—」『調査と情報』(国会図書館立法考査局)第547号(06年6月16日)
□ 『軍事民論』第673号(5月18日発行)…11頁
 尖閣諸島を巡る日中の軍事戦略―中国の「漸進的な拡張」vs日本の「柔軟抑止
○『軍事民論』第492号(2010年3月2日発行)
 〈特集〉『日中国交正常化後の日台関係—「日中国交正常化交渉記録」(外務省アジア局中国課)より』

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。