google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「島嶼」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:21.10.22-1)「島嶼における現状変更が生起する条件―竹島フォークランド西沙南沙諸島の事例比較―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第11巻第1号(2021年7月)掲載
(資料番号:21.2.11-1)「太平洋側の島しょ部における警戒監視態勢の在り方の検討に関する調査研究に係る役務の調達について(通達)」(空幕整第551号 2020年3月25日)民間業者に委託した候補地の選定調査に関して調査内容を定めたもの。空自が太平洋側島嶼部に警戒管制レーダーの設置を検討 調査→
(資料番号:20.9.14-1)「太平洋島嶼国と『一帯一路』構想―国際秩序の改革を意識する中国―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第10巻第1号(通巻第20号)2020年7月掲載
(資料番号:19.8.29-2)「中国の第3列島線への進出」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ コラム144 2019/08/19)太平洋島嶼国への影響力拡大
(資料番号:18.11.28-2)「マルチドメインによる海域の防衛」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ コラム125 2018/11/01) 島嶼防衛(侵攻兵力の撃破)のみならず海域の防衛のための作戦についても、陸自の地対艦ミサイルが海・空自とともに役割を担うことが可能に
(資料番号:18.5.31-1)「中国の太平洋島嶼国への進出と『一帯一路』構想」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第73号(2018年5月25日)
(資料番号:17.12.14-1)「島嶼防衛における陸上防衛力の役割」『陸戦研究』2017年8月号掲載 奄美大島、宮古島、石垣島への陸上自衛隊部隊の配置の狙いが、台湾有事に伴う中国軍による日本攻撃への備えであると明かした論文
(資料番号:15.10.14-1)「平成25年度米国における統合訓練(実動訓練)に関する実施報告」(2護群(訓)第278号(25.8.5)別冊第2)島嶼侵攻対処に係る自衛隊の統合運用と米軍との共同対処要領を演練することを目的に自衛隊が初参加した「ドーン・ブリッツ13」に関して、訓練の主体となった第2護衛隊群司令部がまとめた成果報告書
(資料番号:15.9.9-1)「諸外国の島嶼部における国境警備」(陸自研究本部平成23年度部外委託研究)
(資料番号:15.3.23-4)「我が国の島嶼防衛には何が必要か―フォークランド紛争における教訓―」『陸戦研究』2014年1~4月号連載(3回)
(資料番号:14.10.17-1)「ドーン・ブリッツ」(平成26年レビューシート)島嶼防衛訓練
(資料番号:13.7.8-3)「太平洋戦争における島嶼作戦準備(その1)」(防衛研究所平成23年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:13.2.16-1)「我が国にとっての島嶼防衛―『尖閣諸島防衛』及び『先島・沖縄諸島防衛』という二つの命題」『修親』2012年11~12月号連載
(資料番号:13.1.21-4)「日本の安全保障戦略構想における島嶼部東南アジアの意義と役割―インドネシアの脅威評価と能力ギャップに関する国内政軍関係及び周辺諸国との戦略的関係の分析―」(防衛研究所平成22年度基礎研究成果報告書) 能力→
(資料番号:13.1.15-4)「島嶼部の戦いにおける成功要因と教訓―米軍のガダルカナル戦での勝因について―」『陸戦研究』2012年9月号掲載
(資料番号:11.10.6-3)「中国の南太平洋島嶼諸国に対する関与の動向―その戦略的影響と対応―」『海幹校戦略研究』第1巻第1号(2011年5月)掲載
(資料番号:11.9.7-1)「中国、『中華人民共和国島嶼保護法』が施行」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2010年4月配信記事

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。