google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「トランプ」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:21.11.4-1)「米国トランプ政権下における北朝鮮の非核化交渉プロセス―北朝鮮の核・ミサイル能力の向上を踏まえて―『立法と調査』(参議院常任委員会調査室・特別調査室)第440号(2021年11月1日)掲載
(資料番号:21.2.7-4)「米国における政権移行を支える制度とトランプ=バイデン政権移行の混乱」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第157号(2021年2月4日)
(資料番号:21.1.14-3)「U.S. Strategic Framework for the Indo-Pacific」トランプ政権が公開した文書。
(資料番号:20.10.18-2)「新型コロナウイルス感染症とトランプ的アメリカ」『国際問題』(公益財団法人日本国際問題研究所)2020年10月号掲載
(資料番号:20.7.22-3)「トランプ政権における政軍関係―軍人の政権登用を中心にして―」(防衛研究所平成29年度特別研究成果報告書)
(資料番号:19.5.28-3)「危機と大統領権限:トランプ大統領と国境の壁」
(資料番号:19.5.28-2)「トランプ政権とシンクタンク―岐路に立つ保守派、巻き返すリベラル派―」
(資料番号:19.5.28-1)「トランプ政権の国防戦略と『戦略的競争』」
(資料番号:19.5.27-4)「トランプ政権の対外政策と日米関係」(平成30年度外務省外交・安全保障調査研究事業)
(資料番号:19.4.12-1)「トランプ政権の国境管理政策―安全保障上の観点から」『国際安全保障』第46巻第4号(2019年3月31日発行)
(資料番号:19.4.1-2)「アジア太平洋における米軍前方展開態勢の再編―オバマ/トランプ両政権下での動向―」 *国立国会図書館調査資料2018-3『21世紀のアメリカ総合調査報告書』(2019年3月19日)抜粋。
(資料番号:18.10.25-2)「米国の抑止態勢と北朝鮮―トランプ政権の核態勢見直しと政策展開―」『国際安全保障』第46巻第2号(2018年9月)掲載
(資料番号:18.10.24-2)「なぜ今、宇宙軍なのか?―米国における議論の動向とトランプ政権の計画―」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第87号(2018年10月
(資料番号:18.9.10-2)「米国トランプ政権の対外政策と日本外交―第196回国会(常会)における外交論議の焦点―」『立法と調査』(参議院常任委員会調査室・特別調査室)第404号(2018年9月7日)掲載
(資料番号:18.6.12-2)「トランプ政権のイラン核合意離脱―その中東情勢への影響」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2018年5月号
(資料番号:18.2.16-1)「【アメリカ】トランプ政権による『国家安全保障戦略』の公表」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.274-2(2018年2月:月刊版)掲載
(資料番号:17.12.25-3)「トランプ政権の国防予算」『レファレンス』(国立国会図書館調査及び立法考査局)2017年12月号掲載
(資料番号:17.6.5-1)「トランプ米新政権の国防政策と日本との安全保障関係―『力による平和』と日米同盟強化に向けた対応―」『立法と調査』 (参議院常任委員会調査室・特別調査室)第389号(2017年6月1日) 掲載
(資料番号:17.5.25-2)「トランプ政権の外交・安全保障政策」『レファレンス』(国立国会図書館調査及び立法考査局)2017年5月号掲載
(資料番号:17.3.27-4)「トランプ政権と日米関係」『調査と情報』(国立国会図書館調査及び立法考査局)第951号(2017年3月24日)
(資料番号:16.9.30-1)「トランプ氏の日本批判意見広告」(1987年9月2日付『ニューヨーク・タイムズ』掲載)ペルシャ湾掃海に躊躇する日本の態度を批判するために、当時実業家であったトランプ氏が出した意見広告

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。