google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(89)国外人員輸送(福岡、羽田~シドニー、タウンズビル 33名 6月25日~8月7日)

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...

入札日:令和3年6月4日
陸上自衛隊中央会計隊
国外人員輸送(福岡、羽田~シドニー、タウンズビル 33名 6月25日~8月7日)
https://www.mod.go.jp/gsdf/dc/cfin/html/img/J007-3.5.24.pdf

 仕様書については契約科第3契約班(輸送役務関係)から受領するとなっており、細部は分からない。
 例年、この時期、豪州クイーンズランド州タウンズビル・フィールド演習場で米豪軍との実動訓練を行っているようであるので、これかもしれない。また日米豪シニア・レベル・セミナー(TSLS)も行われ、日米豪3か国陸軍種の各トップと意見交換も行われている。
 令和3年度豪州における米豪軍との実動訓練(SJ21)が令和3年5月23日(日)~同年7月4日(日)に行われるというから、若干時期が早いが、これだろうか。
https://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2021/pdf/20210520_02.pdf
陸上自衛隊からは第14旅団第50普通科連隊、豪陸軍からは第1旅団、米海兵隊からは第3海兵機動展開部隊のダーウィンローテーション部隊が参加するとある。
 森林錯雑地における各種射撃、特に戦闘射撃に係る戦術技量の向上を目的とする訓練をするらしい。
 豪陸軍第1旅団は機械化歩兵を基幹とする部隊である。水陸両用部隊は第3旅団にあるので米海兵隊と訓練をするには、第3の方が合うようにも思うのだが、その辺は分からない。陸自第14旅団は機動旅団である。
 そもそも運搬費というのは荷物扱いのようなもので、偉い人は旅費で動くから訓練参加隊員用の費用ということだろうとは思うものの、時期も早く人数も小隊程度より少なめだから、事前調整の先遣要員なのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。