google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(68)臨床検体検査(SARS-CoV-2核酸同定)

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...

入札日:令和3年5月7日
航空自衛隊目黒基地
臨床検体検査(SARS-CoV-2核酸同定)
https://www.mod.go.jp/asdf/meguro/choutatsu/images/kou2021-6.pdf

 この調達で特徴的なのは履行期間が入札日から直ちに始まり、1週間であることである。請負契約でここまで短いのは珍しいというか、明らかに何か相当急いでいることが明らかである。
 核酸というのは要するにDNAの要素となるアデニン、チミン、グアニン、シトシンの二重螺旋のことであるが、SARS-CoV-2、即ち新型コロナウイルスはレトロウイルスだからRNAであるのでアデニン、ウラシル、グアニン、シトシンのことで、これを同定するのだから、PCR検査なのだろう。
 浜松基地の同様の検査(62)
https://sucanku-mili.club/%e8%87%aa%e8%a1%9b%e9%9a%8a%e8%aa%bf%e9%81%94%e5%b7%a1%e3%82%8a%ef%bc%88%ef%bc%96%ef%bc%92%ef%bc%89/753/
は10か月に80件だったが、1週間に88検体ということは、単位が同じなら大変な数量である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。