google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(198)地下タンク貯蔵所燃料配管補修等工事 青梅の南側アンテナ対局はどこ

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



入札日:令和4年1月7日
航空自衛隊横田基地
地下タンク貯蔵所燃料配管補修等工事
https://www.mod.go.jp/asdf/yokota/031210-r303const2.pdf
 既に入札の終わった案件であるが、興味深いものなので取り上げた。既にこの契約の履行期間も同年3月31日で終了している。
 特に問題となるのは、次のとおり、その施工場所である。#500については番地から簡単にグーグル地図上で検索でき、マイクロウェーブ回線のパラボラアンテナを付けた鉄塔であることが分かる。
航空自衛隊横田基地 #719(東京都福生市大字福生2552番地)
航空自衛隊横田基地 #500(東京都青梅市柚木町 2丁目1009番地

 #719については、通常、横田基地と呼ばれる基地の中である。それに対し#500の方は横田基地の飛び地である。
 仕様書の施工場所配置図には楕円で示されているので、特に #719については多くの建物の中にあり場所が分かりにくいが、この楕円の中にはなく、それより南の位置にそれらしいマイクロウェーブ回線鉄塔があることが確認できる。
 そもそも航空自衛隊の施設があるのも南よりなので、配置図の位置とはズレているのが妥当だろう。航空自衛隊横田基地の庁舎の南西端から123m南西の位置だ。ポジションは10進法の経緯で35.736268, 139.342834の場所である。

 この#719のパラボラアンテナの指向方向を辿ると、西北西の#500の方向にほぼ向いている。#719鉄塔と#500鉄塔の相互間の距離は15.11㎞で、#719の鉄塔には対面を向くパラボラアンテナが確認できる。
 #719の鉄塔のアンテナはこの方向の物だけだが、#500鉄塔の物には東北東にある入間基地を向いたものと、これとは別に南南東に向いたアンテナがある。この南南東向きアンテナの向く方向を辿ると江の島付近となる。この方向にある自衛隊施設と言えば座間駐屯地厚木基地があるが、それよりも僅かに時計方向にズレるのだ。
 さらに陸地を離れ相模湾から太平洋上を1240.55km南下すると硫黄島分屯基地がある。但し、硫黄島に向くよりやや反時計方向となっていて、#500の南向きアンテナの向く方向に線を引くと、硫黄島より東に200km程、東を通る。

 そもそも、そんな遠距離では簡単に見通し線を作ることはできない。この#500地点の標高は651mである。通常マイクロ鉄塔の高さは40~50mが多いが、その分を足しても大して変わらず、海面上まで105km~108kmと言ったところだ。しかも硫黄島のグーグル地図で確認してもマイクロ鉄塔を確認することはできない。
 もし、硫黄島まで届くアンテナ鉄塔を作るとすれば双方に立てれば2万3千m、一方だけなら9万mとなり、宇宙に手の届きそうな高さになってしまうのである。
 下のサイトを見ると、このような中継塔は50km未満で使われることが多いらしい。#500から南南東に50kmなら慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス辺りとなる。

参考2 – 総務省 電波利用ホームページ 
https://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/research/result/27assess/6_6.pdf

 指向方向としては硫黄島分屯基地なのだが、どうもこのマイクロ回線でつなぐのは難しいだろう。どこかに衛星回線や海底ケーブルに変換する局が存在するのかもしれない。
 一応、硫黄島方向での中継塔を探してみたが、八王子付近に八王子上恩方デジタルテレビ中継局小仏城山デジタルテレビ中継局などが確認できた。その周辺に防衛省用もあるのかもしれないが確認は出来ていない。また、この線上に青ヶ島、八丈島、御蔵島、八丈島がある。ただしいずれも鉄塔を確認できていない。
 それらの個所を活用したとしても途中に長い距離の場所があり、マイクロ回線だけで繋ぐのは無理だろう。

 #500については、横田基地方向も若干方向の僅かにズレているものもあるようだから、もしかしたら目黒基地三宿駐屯地などに向いている可能性もあろう。
 この調達は、横田基地の調達であるが、契約担当官は航空自衛隊作戦システム運用隊となっている。まあ横田基地の基地業務も担っているから当然といえば当然である。
 施工内容については、横田基地内の♯719は、中央ハンドホール内返油管及び関連する付属部品の撤去、交換 (フランジ~エルボ)、青梅の♯500については、配管 トラフ内の燃料配管 (燃料夕ンク側フランジ~建物立ち上がり部のエルボ及びフレキシブルチュープ、架台の交換となっている。気密検査があり微加圧法だそうだ。

 微加圧法については(145)で触れたが、燃料を抜かずに2kPaの窒素で加圧して漏れを気圧変化で調べる方法だ。燃料を抜かずに済むからその間の保管用のタンクが不要となる。
 燃料の内容量は横田基地内の♯719が10㎘、青梅の♯500が3㎘で、どちらも軽油となっている。
 中継に用いる電力用だろうと思われるが、負荷も発電機の能力についての記載も無いから、この容量の燃料でどれくらい持つかはわからない。だが、下のサイトの表によると高速ディーゼルでは15仏馬力で1時間当たり4L、100仏馬力で20L程度のようだ。中速ディーゼルでは150仏馬力で30L、2000仏馬力で400L程度となっている。

ヤンマー非常用ディーゼル・ガスタービン発電機 燃費一覧表
https://www.yanmar.com/jp/news/2011/03/30/812.html

 かなりの幅があるが、♯719が、25~2500時間、青梅の♯500が7時間半~750時間となる。タンクローリーのタンク容量は12~30㎘だから、1回で満杯にできる。1回燃料を満タンにすれば、これぐらいの時間可動できるということだ。
 もっとも固定設備であるから緊急時以外は商用電源を利用するのかもしれない。
 青梅の♯500については山間にあるから、必要とする電力量によっては頻繁に補給が必要となると問題が大きい。
 この中継塔との関連は結局分からないが、太平洋における関心は高まっている。従来、太平洋に関しては海上自衛隊がシーレーン確保や沿岸部における機雷掃海といったことで自衛隊としては関心を持っていたが、近年においては航空自衛隊が関心を示すようになった。
 (140)でも航空自衛隊はレーダーを設置する計画のことは取り上げた。
 航空幕僚監部が令和2年(2020年)3月25日に「太平洋側の島しょ部における警戒監視態勢の在り方の検討に関する調査研究に係る役務の調達について」という通達を発簡しているし、その前に防衛政策局が令和元年7月に「太平洋側における防空態勢」を示している。
 もちろん背景には中共の空母の就役や、近年の洋上における活動の活発化がある。従来、航空自衛隊において太平洋は訓練空域としての関心しかなく、小笠原諸島などは防空識別圏の中にも入って居なかったのである。従って、下のサイトをみるとおりレーダーサイトもなかった。逆に言えば見えないのだから識別しようがない。きっと領空侵犯なんかされ放題だったろう。その事実すら分かりようがない。

地図蔵 日本のレーダーサイト
https://japonyol.net/editor/article/radar-site.html

  防空用のレーダー覆域については秘密だから、公表はされていないのだが、航空管制レーダーの覆域とそれ程、大きく変わるものではない。なぜなら覆域というのは地球表面の曲率とレーダー設置高度で決まるものだからだ。設置場所だって高地を選ぶにせよ、そんなに極端に高いところに適地なんか、そうそうあるものではない。そこで参考として航空管制レーダーの覆域のサイトを載せて置く。

航空管制用レーダーについて 独立行政法人電子航法研究所 古賀 禎
航空路用レーダの配備状況5ページ 空港用レーダの配備状況7ページ
http://www.jana.or.jp/denko/data/21_4_2.pdf

 防空識別圏も上に述べた理由で概ねレーダー覆域と似た範囲になるものだ。伊豆諸島から小笠原諸島に掛けては、航空管制のレーダーも八丈島しかない。あとは自衛隊のレーダーが硫黄島にあるぐらいだ。この辺りの空域を洋上管制区という。地上から位置を確認できないから飛んでいる方で場所を調べて無線で通報しろという空域のことである。
 その場所を知るにも下のサイトにあるような、航空無線施設もないから、GNSSや天測航法で自ら確認しなくてはならないことになる。戦闘機のような単座機には荷が重い。

航空無線施設 – Google My Maps
https://www.google.com/maps/d/viewer?hl=en_US&mid=1HdzGFnQoulXKekot7vGpgFcQBR0&ll=34.73274489536119%2C137.66662039062498&z=9

 北大東島(沖縄県北大東村)への移動警戒隊の配備に向けて、測量を請負入札公告を出すという話も進んで居るようだ。

<独自>防衛省、北大東島レーダー前倒し 中国の空母活発化で 2022/4/24 20:39 産経新聞
https://www.sankei.com/article/20220424-THJFTBHZMJPQDEYK5C43BIZY4E/

 更には小笠原諸島にもレーダー適地を調査しているという調達も過去に出ていた。
 もちろんレーダーだけ置いても役に立たない。これらのレーダーをネットワークでつないでこそ役に立つのであり、ここで示したようなマイクロ中継塔も地味ではあるが重要な役割を負っている。もっともレーダーのデータについては主にOH通信網が担ってはいるが、必要な情報はそれだけではない。マイクロ通信は主に電話回線だろう。それらの中継塔には発電機用の燃料タンクがあり、燃料を補充しなければならないわけである。

関連記事

軍事問題研究会関連資料の紹介 関連資料として以下を所蔵しておりますので応談承ります。なお在庫切れの場合はご容赦下さい。お問合せはこちらへ。
(資料番号:22.2.14-1)「Indo-Pacific Strategy of the United States」(2022年2月)
(資料番号:22.2.14-2)「Background Press Call by Senior Administration Officials Previewing the U.S.’s Indo-Pacific Strategy」(2022年2月11日)
(資料番号:21.10.29-1)「研究メモ(2-1)インド太平洋地域における米軍の新たなイニシアチブ設置のアイデア」(2020年6月8日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.10.13-2)「ドイツ連邦共和国海軍のインド太平洋への艦艇派遣―『インド太平洋外交指針』の具現―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム206 2021/10/7)
(資料番号:21.8.23-1)「太平洋側における防空態勢」(2019年7月 防衛政策局防衛政策課)
(資料番号:21.8.4-1)「インド太平洋の海洋安全保障と『法の支配』の実体化にむけて:国際公共財の維持強化に向けた日本外交の新たな取り組み」 (平成29~31年度外務省外交・安全保障調査研究事業(総合事業))
(資料番号:21.7.12-3)「文献紹介010:インド太平洋における米中競争への地域的対応」(航空自衛隊幹部学校航空研究センター 2021年5月28日)
(資料番号:21.6.21-3)「Pacific Deterrence Initiative」(Office of the Under Secretary of Defense (Comptroller) 2021年5月)
(資料番号:21.6.14-3)「英国国防省『競争時代の国防(Defence in a Competitive Age)』に見る英国のインド太平洋への関与―グローバル・ブリテン具現への軍事力の役割―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム200 2021/06/10)
(資料番号:20.4.14-1)「英国のインド太平洋への軍事的関与」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2020年3月号
(資料番号:21.4.4-3)「米中ハイパーコンペティションとその対中戦略―インド太平洋における「グリッドとしての陸軍―」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第162号(2021年3月30日)
(資料番号:21.4.1-2)「英国が『統合レビュー(Global Britain in a competitive age)』を公表―“Global Britain”の具体像とインド太平洋への関心―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム191 2021/03/26)
(資料番号:21.3.23-2)「中国情勢(東シナ海・太平洋・日本海)」(2021年3月 防衛省)我が国周辺における中国の海洋活動の例
(資料番号:21.3.2-2)「自由で開かれたインド太平洋は大きな物語たりうるか:アジアの価値観の再構築」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第159号(2021年2月17日)
(資料番号:21.2.11-1)「太平洋側の島しょ部における警戒監視態勢の在り方の検討に関する調査研究に係る役務の調達について(通達)」(空幕整第551号 2020年3月25日)
(資料番号:21.2.5-3)「米国のインド太平洋戦略枠組みと日本への含意」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第154号(2021年1月26日)
(資料番号:21.1.14-3)「U.S. Strategic Framework for the Indo-Pacific」トランプ政権が公開した文書。
(資料番号:21.1.14-4)「A Free and Open Indo-Pacific」(2021年1月5日)
(資料番号:20.12.18-1)「ロシアと『アジア太平洋』/『インド太平洋』」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第147号(2020年12月15日)
(資料番号:20.12.17-2)「8年ぶりの英空母によるインド太平洋展開:知られざる日英防衛協力の一場面を辿って」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第146号(2020年12月8日)
(資料番号:20.10.29-1)「ドイツ連邦共和国が『インド太平洋外交指針(Leitlinien zum Indo-Pazifik)』を公表―多国間協調によるインド太平洋地域への関与―」 (海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム178 
(資料番号:20.9.14-1)「太平洋島嶼国と『一帯一路』構想―国際秩序の改革を意識する中国―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第10巻第1号(通巻第20号)2020年7月掲載
(資料番号:20.9.7-1)「『自由で開かれたインド太平洋』ビジョンにおける防衛省の取組」(防衛省防衛政策局国際政策課・参事官 2020年7月)
(資料番号:20.8.18-2)「米国のアジア太平洋リバランスとその軍事的展開」(防衛研究所平成28年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:20.8.14-1)「太平洋戦争終結と戦後日米同盟」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第134号(2020年8月6日)
(資料番号:20.5.20-2)「多義的な『インド太平洋』の功罪―政治学的観点から―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第9巻第2号(2019年12月)掲載
(資料番号:20.4.14-1)「英国のインド太平洋への軍事的関与」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2020年3月号
(資料番号:20.4.9-4)「国土防衛における住民避難―太平洋戦争に見るその実態―」(1987年 防衛研究所)
(資料番号:20.1.18-3)「【アメリカ】2020会計年度国防授権法とインド太平洋地域政策」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.282-2(2020年2月:月刊版)掲載
(資料番号:19.10.28-1)「戦争呼称としての『アジア(・)太平洋戦争』の再検討」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第107号(2019年10月17日)
(資料番号:19.10.16-3)「米国の航行の自由プログラム南シナ海を中心に」『アジア太平洋における海洋秩序の維持(平成29年度安全保障国際シンポジウム)』(防衛研究所)掲載
(資料番号:19.10.10-1)「インド太平洋地域における法の支配の課題―沿岸国の軍艦の航行に係る海洋法解釈を中心として―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第9巻第1号(2019年7月)掲載
(資料番号:19.9.13-1)「中国情勢(東シナ海・太平洋・日本海)」(2019年9月 防衛省)
(資料番号:19.8.29-2)「中国の第3列島線への進出」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ コラム144 2019/08/19)太平洋島嶼国への影響力拡大
(資料番号:19.7.30-2)「米豪遮断への布告―米豪-南太平洋諸国の分断―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ コラム140 2019/06/20)
(資料番号:19.5.16-2)「【アメリカ】米インド太平洋軍に関する議会公聴会でのデービッドソン司令官の証言」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.279-2 (2019年5月:月刊版)掲載
(資料番号:19.4.1-2)「アジア太平洋における米軍前方展開態勢の再編―オバマ/トランプ両政権下での動向―」 *国立国会図書館調査資料2018-3『21世紀のアメリカ総合調査報告書』(2019年3月19日)抜粋。
(資料番号:19.1.9-1)「『インド太平洋時代』の日本外交―Secondary Powers/Swing Statesへの対応―」(平成25年度外務省外交・安全保障調査研究事業(総合事業))
(資料番号:19.1.9-2)「インド太平洋時代の日本外交―スイング・ステーツへの対応―」(平成26年度外務省外交・安全保障調査研究事業(総合事業))
(資料番号:19.1.9-3)「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』[国際法研究会(国際ルール検討グループ)]」(平成28年度外務省外交・安全保障調査研究(発展型総合事業))
(資料番号:19.1.9-4)「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』[地域研究会(国別政策研究グループ)]」(平成28年度外務省外交・安全保障調査研究(発展型総合事業))
(資料番号:18.7.26-2)「【アメリカ】米太平洋軍に関する議会公聴会へのハリス司令官の出席」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.276-1(2018年7月:月刊版)掲載
(資料番号:18.7.16-3)「インド太平洋地域の海洋安全保障と海上協力の方向性―QUADとASEANの連携―」『ブリーフィング・メモ』(防衛研究所)2018年6月号
(資料番号:18.7.16-1)「『スウィフト前太平洋艦隊司令官が主導する取組み』について」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム110 2018/06/19)
(資料番号:18.6.21-1)「『米太平洋軍』が『米インド太平洋軍』へ名称変更」―米のインド太平洋戦略の具現化の道―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 トピックス060 2018/6/6)
(資料番号:18.5.31-1)「中国の太平洋島嶼国への進出と『一帯一路』構想」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第73号(2018年5月25日)
(資料番号:18.5.2-1)「アジア太平洋における海洋秩序の維持(平成29年度安全保障国際シンポジウム)」(防衛省防衛研究所)
(資料番号:18.4.4-2)「アジア太平洋における海洋秩序の維持」(防衛研究所平成29年度安全保障国際シンポジウム報告書)
(資料番号:18.3.17-1)「多重債務化するインド太平洋地域の海洋安全保障」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第7巻第2号(2018年1月)
(資料番号:18.3.9-1)「太平洋戦争の戦争指導に関する研究(その3)―日本の戦争指導―」(防衛研究所平成25年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:18.3.8-1)「太平洋戦争末期における朝鮮半島での対米決戦準備」(防衛研究所平成25年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:18.2.17-1)「アジア太平洋における海洋秩序の維持」(防衛研究所平成29年度安全保障国際シンポジウム報告書)
(資料番号:17.5.1-1)「制海をめぐる米海軍及び米海兵隊の動向とアジア太平洋の海洋安全保障」『防衛研究所紀要』第19巻第2号(2017年3月)掲載
(資料番号:16.11.17-4)「【アメリカ】南シナ海問題に関する常設仲裁裁判所判決と議会公聴会」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.269-1(2016年10月:月刊版)掲載 元米太平洋軍司令官のデニス・ブレア氏と元国務次官補で新米国安全保障センター会長のカート・キャンベル氏が各々証言
(資料番号:16.6.15-1)「燈火管制の効果―太平洋戦争時の空襲対策から―」『鵬友』2016年1月号
(資料番号:16.5.2-1)「CSISがアジア太平洋リバランス政策の評価報告書をカーター国防長官に提出」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 トピックス032 2016/02/08)
(資料番号:16.4.25-4)「【アメリカ】国防歳出権限法のアジア太平洋地域関連規定」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.266-2(2016年2月:月刊版)掲載
(資料番号:16.1.22-1)「米国の新たな安全保障戦略とアジア太平洋諸国の対応」(防衛研究所平成24年度特別研究成果報告書)
(資料番号:15.8.25-2)「Asia-Pacific Maritime Security Strategy」「アジア太平洋の海洋安全保障戦略」に関する報告書
(資料番号:15.6.3-1)「平成26年度地域安全政策調査研究報告~アジア太平洋地域の中の沖縄~」(2015年3月 沖縄県知事公室地域安全政策課調査・研究班編)
(資料番号:15.4.27-3)「協同訓練の必要性について」『航空安全情報』(陸幕装備部航空機課航空安全班)2013年7月号掲載 ゲリラにより原子力発電所が襲撃され、全電源喪失、原子炉が破損して放射性物質が拡散した(本文12頁)想定
(資料番号:15.2.24-2)「太平洋戦争の戦争指導に関する研究(その1)―研究史を中心に―」(防衛研究所平成23年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:15.2.23-4)「太平洋戦争開戦経緯に関する研究(その2)―政治・外交を中心として―」(防衛研究所平成23年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:14.12.10-1)「ロシアをめぐる戦略環境の変化と展望―欧米地域とアジア・太平洋地域の位置付け―」(防衛研究所平成23年度特別研究成果報告書)
(資料番号:14.8.26-1)「国際法規」(航空自衛隊幹部学校 承認年月日:2005年7月21日) ジュネーブ条約第1追加議定書は、原子力発電所が軍事目標である場合にも、攻撃の対象としてはならないとの定める。75~76頁
(資料番号:14.7.18-5)「【アメリカ】米太平洋軍及び在韓米軍に関する上院公聴会」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.260-1(2014年7月:月刊版)掲載
(資料番号:14.5.30-2)「米国のアジア太平洋戦略と我が国防衛―理論と現実―」『陸戦研究』2014年2月号掲載
(資料番号:13.9.10-5)「原子力発電所の新規制基準の策定経緯と課題」『立法と調査』(参議院事務局企画調整室)第344号(2013年9月3日)掲載
(資料番号:13.7.30-1)「アジア(特に南シナ海・インド洋)における安全保障秩序」(平成24年度外務省国際問題調査研究・提言事業)
(資料番号:13.7.11-1)「太平洋戦争における日本海軍による機雷敷設の考察」(防衛研究所平成23年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:13.7.8-3)「太平洋戦争における島嶼作戦準備(その1)」(防衛研究所平成23年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:13.5.9-1)「エネルギー政策と原発再稼働をめぐる問題―原子力発電と火力発電の比較―」『調査と情報』(国会図書館調査及び立法考査局)第787号(2013年4月30日)
(資料番号:13.2.27-3)「米海兵隊のアジア太平洋地域への展開について」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年11月配信記事
(資料番号:12.12.5-1)「2011年の日本の安全保障展望―より「動的」な防衛力を目指して」『(国際共同研究シリーズ7)アジア太平洋諸国の安全保障上の課題と国防部門への影響』(防衛省防衛研究所 2012年11月)掲載
(資料番号:12.9.20-2)「太平洋戦争開戦経緯に関する研究(その1)―研究史を中心として―」(防衛研究所平成22年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:12.8.14-3)「太平洋戦争における航空運用の実相―運用理論と実際の運用の差異について―」(防衛研究所平成22年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:11.10.8-4)「沖ノ鳥島をめぐる諸問題と西太平洋の海洋安全保障~中国の海洋進出と国連海洋法条約の解釈を踏まえて~」『立法と調査』(参議院事務局企画調整室編集・発行)第321号(2011年10月3日)掲載
(資料番号:11.10.6-3)「中国の南太平洋島嶼諸国に対する関与の動向―その戦略的影響と対応―」『海幹校戦略研究』第1巻第1号(2011年5月)掲載
(資料番号:11.8.2-2)「東京電力株式会社福島第一原子力発電所における確実な出入管理の実施について(注意)」(2011年8月1日 原子力安全・保安院)
(資料番号:11.8.1-3)「福島第一原子力発電所事故をめぐる日米協議と連携対応に関する質問&答弁書」(内閣衆質177第144号 2011年5月2日)
(資料番号:05.9.15-1)「原子力発電所の防護」『施設科記事』2005年5月号掲載

□ 『軍事民論』第640号(2019年11月1日発行)…11頁
 インド太平洋軍と在日米軍の指揮統制系統―在日米軍司令官は在日米軍を指揮できない―

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。