google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「選択」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:22.5.1-2)「ロシアによるウクライナ侵攻と中国選択」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第213号(2022年4月26日)
(資料番号:21.9.27-3)「研究瓦版(2-42)選択的開示:長期競争に対する戦略的アプローチ」(2021年2月24日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:19.9.1-1)「柔軟に選択される抑止措置に関する指針について(通達)」(防防防(防)第152号 29.4.12)
(資料番号:19.12.4-1)「平素及び各種事態における実効的な抑止措置の検討に関する防衛大臣指示」(防衛大臣指示第1号 2015年5月20日)柔軟に選択される抑止措置について、具体的な検討を命じた大臣指示
(資料番号:19.3.14-3)「平成31年2月24日執行県民投票『開票』結果」(PDF版)辺野古県民投票市町村別の選択肢別投票数(賛成・反対・どちらでもない)及び有効・無効投票をまとめた一覧表。
(資料番号:19.9.1-1)「柔軟に選択される抑止措置に関する指針について(通達)」(防防防(防)第152号 29.4.12)
(資料番号:18.7.8-1)「米国の統合計画におけるFDOの紹介―”Joint Planning(JP 5-0)”の観点から」『陸戦研究』2017年12月号掲載「柔軟に選択される抑止措置」(flexible deterrent options:FDO)
(資料番号:18.6.6-2)「北朝鮮との『伝統的友誼』への回帰を選択した中国」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第72号(2018年5月23日)
(資料番号:17.11.7-4)「The North Korean Nuclear Challenge: Military Options and Issues for Congress」(2017年10月27日 米議会調査局)NHKが「アメリカ議会調査局は、核・ミサイルの開発を加速させる北朝鮮に対して、アメリカが今後取り得る7つの選択肢として、韓国への部隊増派などによる抑止力の強化や、北朝鮮のミサイル施設への限定攻撃などを指摘した報告書をまとめました」と報じたその報告書
(資料番号:17.8.10-2)「危機段階における強制外交と柔軟抑止選択肢(FDO)」『陸戦研究』2008年1月号掲載
(資料番号:17.2.27-1)「戦略的コミュニケーションとFDO―対外コミュニケーションにおける整合性と課題―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第6巻第1号(2016年7月)掲載「柔軟に選択される抑止措置」(flexible deterrent options:FDO)
(資料番号:15.8.4-2)「オフショア・コントロール戦略を論ずる―『戦争を終わらせるための戦略』と日本の選択―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第4巻第1号(2014年6月)掲載
(資料番号:12.5.14-3)「合理的選択モデルと認知的選択モデルによる核兵器計画に関する北朝鮮の意思決定過程の分析」(Pardee RAND Graduate School
□ 『軍事民論』第643号(2020年2月4日発行)…9頁
 グレーゾーン事態と柔軟抑止選択肢(FDO)―導入の狙いとその背景―
 〈みんろん・トピックス〉中東派遣自衛隊はイラン軍に対する偵察も行う

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。