google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「歴史」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:22.7.7-3)「On the Historical Unity of Russians and Ukrainians」(2021年7月12日)プーチン大統領が昨年発表した論文「ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性」の英訳
(資料番号:22.5.1-4)「旧ソ連圏の分離紛争―その歴史とウクライナ侵攻への射程」『外交』Vol.72(2022年3月31日発行)掲載
(資料番号:22.5.1-5)「歴史からみたロシア『勢力圏』の虚実―黒海沿岸地域におけるロシアの影響力」『外交』Vol.72(2022年3月31日発行)掲載
(資料番号:21.9.23-1)「有事所要物資の海外調達に係わる歴史的事例の比較並びに考察」『鵬友』2021年1月号
(資料番号:21.2.8-2)「新型コロナウィルス感染症に係る事態が『歴史的緊急事態』に該当することを踏まえた対応について(通達)」(海幕総第381号 2020年3月16日)
(資料番号:21.1.8-2)「PROGRAMMATIC AGREEMENT BETWEEN THE COMMANDER, JOINT REGION MARIANAS AND THE GUAM STATE HISTORIC PRESERVATION OFFICER, REGARDING MILITARY TRAINING AND TESTING ON AND WITHIN THE SURROUNDING WATERS OF THE ISLAND OF GUAM」歴史的・文化的重要遺跡の保護と軍事訓練のためのグアム当局と米軍の協定
(資料番号:20.3.17-6)「防衛省・自衛隊における歴史公文書評価選別の在り方に関する研究」(平成27年度防衛研究所基礎研究成果報告書)
(資料番号:20.3.3-4)「中東紛争の歴史(その3)」(防衛研究所平成26年度所指定研究成果報告書)
(資料番号:20.2.24-3)「戦略的観点から見た韓中間歴史問題:高句麗史問題とその含意」(防衛研究所平成26年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:19.6.26-1)「非正規戦争の歴史的考察(平成29年度戦争史研究国際フォーラム報告書)」(2018年3月31日 防衛省防衛研究所)
(資料番号:18.5.16-1)「非正規戦争の歴史的考察(平成29年度戦争史研究国際フォーラム報告書)」(2018年3月31日 防衛省防衛研究所)
(資料番号:18.3.29-3)「歴史を学ぶことの重要性について」『鵬友』2017年11月号
(資料番号:17.6.30-1)「中東紛争の歴史(その2)」(防衛研究所平成25年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:17.6.15-1)「陸上自衛隊指揮幕僚手順の再考察―日米の比較に見る相克と乖離の歴史」『陸戦研究』2016年2、4月号連載
(資料番号:17.6.14-1)「中国の対日政策の歴史的研究―1955年~1960年」(防衛研究所平成25年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:17.6.7-1)「シンガポールの安全保障政策―その歴史及び直面する諸課題―」『レファレンス』(国立国会図書館調査及び立法考査局)2017年5月号掲載
(資料番号:16.4.26-1)「南シナ海における中国の『九段線』と国際法―歴史的水域及び歴史的権利を中心に―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第5巻第1号(2015年6月)
(資料番号:15.10.16-3)「『戦後70年談話』の新視点―歴史観を中心として―」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第50号(2015年10月7日)
(資料番号:15.5.22-1)「国交正常化から50年の日韓関係―歴史・領土・安全保障問題を中心に―」『レファレンス』(国立国会図書館調査立法考査局)2015年5月号掲載
(資料番号:15.4.8-1)「イスラエルの『防衛可能な国境』をめぐる議論の歴史」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2015年4月号
(資料番号:14.10.25-1)「航空自衛隊幹部学校研究部の歴史―航空研究センター新設までを振り返って―」『鵬友』2014年7月号掲載
(資料番号:14.6.4-1)「習近平国家主席の訪独とドイツの『歴史』認識」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第39号(2014年5月13日)
(資料番号:14.3.4-1)「Japan-U.S. Relations: Issues for Congress」(2014年2月20日 米議会調査局)『安倍首相の歴史観 米と衝突』 米議会調査局が懸念
(資料番号:13.8.15-1)「地対艦ミサイル部隊年次射撃(ASP)の歴史とこれから」『FUJI』2013年3月号掲載
(資料番号:13.7.19-3)「【韓国】北東アジア歴史歪曲対策特別委員会の設置」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.256-1(2013年7月:月刊版)掲載
(資料番号:13.2.27-1)「歴史認識に関する首相談話」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第31号(2013年2月18日)
(資料番号:13.2.12-1)「今後の日韓関係と歴史認識問題―歴史認識の壁はなぜ生ずるのか―」『立法と調査』(参議院事務局企画調整室)第337号(2013年2月1日)掲載
(資料番号:12.11.14-2)「内閣安全保障機構の歴史的変遷から見た日本版NSCの課題」『防衛研究所ニュース』2012年11月号(通算170号)
(資料番号:12.10.22-1)「沖縄における米軍基地問題―その歴史的経緯と現状―」『レファレンス』(国会図書館調査及び立法考査局)2004年7月号掲載
(資料番号:12.8.21-1)「戦争形態の歴史的変遷」(防衛研究所平成8年度特別研究成果報告書)
(資料番号12.6.8-1)「日米同盟の実務に関する歴史的考察―日米地位協定を中心に―」(平成22年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:11.5.5-1)「『平成20年度における教育実施状況』関連資料」田母神 空幕長論文投稿事件を受けて、自衛隊の教育内容の総点検が国会の付帯決議で求められたことから、内局が各自衛隊から提出させた関連文書の全て ①「平成20年度における教育実施状況に関する資料の提出について(依頼)」(人育第3136号 21.3.16)×9頁 ②「防衛関係法制等に関する教育の実施状況(平成20年度)」(陸幕教訓第134号(21.6.12)別冊第4)×26頁 ③「精神教育実施状況(平成20年度)」(陸幕教訓第134号(21.6.12)別冊第5)×29頁 ④「年度部外講師等の招へい状況(平成20年度)」(陸幕教訓第134号(21.6.12)別冊第7)×9頁 ⑤「歴史に関する教育の実施状況(平成20年度)」(陸幕教訓第134号(21.6.12)別冊第8)×22頁 ⑥「留学研修実施計画(平成21年度)」(陸幕教訓第97号(21.4.24)別冊第5)×3頁⑦「平成20年度における教育実施状況に関する資料」(海自)×46頁 ⑧「年度部外講師等招へい状況(平成20年度)」(海自)×9頁 ⑨「教育実施細部計画」(空自)×67頁 ⑩「平成20年度部外講師等招へい状況」(航空自衛隊)×15頁 「平成21年度留学研修実施計画」(航空自衛隊)×3頁
(資料番号:09.12.25-4)「『武器輸出三原則』の形成と歴史的展開」『論究』(衆議院調査局)第6号(2009年12月)
(資料番号:09.6.17-1)「防衛行政の中長期的課題に関する調査(文民統制についての学説及び諸外国の国防組織における文民統制制度の歴史に関する調査)」 *平成20年度防衛省委託研究。


□ 『軍事民論』第626号(2018年12月4日発行) 7頁
 〈記事①〉「北東アジア課基礎資料集―北朝鮮―」(外務省アジア大洋州局北東アジア課)目次紹介
 〈記事②〉南北軍事合意書の意味するもの―「歴史的な『板門店宣言』履行のための軍事分野合意書」(2018年9月19日)の条項の意味するもの
□『軍事民論』第480号(2010年6月14日発行)
〈特集〉
空自版「新しい歴史教科書」(「近代日本戦争概史」)を講評する
—田母神 空幕長(当時)が作成を指示した歴史教科書の内容は!?—

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。