google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「情勢」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:22.7.25-2)「ベトナムロシアウクライナ情勢から浮かび上がる関係性」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第228号(2022年6月14日) ロシア→ ウクライナ→
(資料番号:22.7.21-1)「研究瓦版(3-31)米国のアフガニスタンからの撤退が台湾情勢に与える影響」(2021年10月21日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:22.5.1-1)「新たな国家安全保障戦略等の策定に向けた提言~より深刻化する国際情勢下におけるわが国及び国際社会の平和と安全を確保するための防衛力の抜本的強化の実現に向けて~」(2022年4月26日 自由民主党)「反撃」提言 国家安全保障戦略→
(資料番号:21.9.20-1)「Russia’s Nuclear Weapons: Doctrine, Forces, and Modernization」(2021年9月13日 米議会調査局)ウクライナ情勢を巡る日本の制裁措置関連
(資料番号:21.7.13-1)「我が国を取り巻く軍事情勢」(令和3年度海上自衛隊講話資料)
(資料番号:21.7.1-2)「総合海洋政策本部参与会議意見書~『東シナ海等における情勢変化への対応』と『カーボンニュートラル実現に向けた海洋の貢献』~」(2021年6月29日 総合海洋政策本部参与会議)
(資料番号:21.4.17-1)「令和2年度 外交に関する国内世論調査(RDD方式による電話法)報告書」(2021年3月 外務省)1「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた日本の取組2 東アジア地域を取り巻く安全保障環境(近年一層厳しさを増していると考えるか。)3 女性参画推進分野における日本の国際的取組(「国際女性会議WAW!」の開催等)4 日本による国連の活用(2020年は国連創設75周年)5 日本政府の「自由貿易の推進」の方針と取組6 国際的な気候変動対策への日本の取組(これまで以上に積極的に貢献していくことをどう思うか。) ・良いと思う7 日本の開発協力において優先すべき分野(複数回答可)8-1 今後日米で関係強化を期待する分野(複数回答可)8-2 日米同盟のインド太平洋地域の平和と安定への寄与(寄与していると思うか。)9 今後の日本の対中外交で特に重視していくべき点(複数回答可(2つまで))10 ミャンマー情勢(日本は独自のパイプを活用し、積極的に関与すべきと思うか。)
(資料番号:21.4.7-2)「研究瓦版(2-10)新型コロナウィルスはインド太平洋地域の地政学的情勢を変えるか(COVID-19と安全保障③)」(2019年7月14日 航空自衛隊幹部学校航空研究センター)
(資料番号:21.3.23-2)「中国情勢(東シナ海・太平洋・日本海)」(2021年3月 防衛省)我が国周辺における中国の海洋活動の例
(資料番号:21.3.2-1)「バイデン新政権誕生後の中東情勢―データ分析による展望の考察―」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第158号(2021年2月18日)
(資料番号:20.11.19-3)「中国の『日本中立化』政策と対日情勢認識―『断絶』情勢下での自民党分断工作(1958年5月‒1959年11月)―」『安全保障戦略研究』(防衛研究所)第1巻第2号(2020年10月)掲載
(資料番号:20.9.15-2)「欧州安全保障情勢の軌跡と展望―安全保障上の課題に対するNATOの対応を中心に―」『海幹校戦略研究』(海上自衛隊幹部学校)第10巻第1号(通巻第20号)2020年7月掲載
(資料番号:20.7.15-4)「緊迫化する台湾本島周辺情勢【2】―高まるバシー海峡東沙島の地政学的重要性―」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第124号(2020年6月16日)
(資料番号:20.6.5-2)「緊迫化する台湾本島周辺情勢【1】―中国軍および米軍の活動実態―」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第119号(2020年6月4日)
(資料番号:20.1.9-1)「米新政権誕生後の中東情勢」(防衛研究所平成29年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:19.9.13-1)「中国情勢(東シナ海・太平洋・日本海)」(2019年9月 防衛省)
(資料番号:19.9.13-2)「南シナ海情勢(中国による地形埋立・関係国の動向)」(2019年9月 防衛省)
(資料番号:19.5.7-1)「日米ガイドラインに関する研究―自衛隊に与えた影響を中心に―」(防衛研究所平成28年度基礎研究成果報告書)第1章 日米の軍事情勢と日米ガイドライン策定に至る経過 日米を取り巻く軍事情勢(1) ベトナム戦争終結直後の軍事情勢
(資料番号:19.3.26-2)「Venezuela: Political Crisis and U.S. Policy」(2019年3月14日 米議会調査局)米国がベネズエラ情勢に干渉を図る背景に、ロシアの存在を指摘
(資料番号:19.2.1-3)「Venezuela: Background and U.S. Relations」(2019年1月21日 米議会調査局)米国がベネズエラ情勢に干渉を図る背景に、ロシアの存在を指摘
(資料番号:19.1.24-1)「2019年における外交・防衛分野の課題」『立法と調査』(参議院常任委員会調査室・特別調査室)第408号(2019年1月16日)掲載 3.米朝首脳会談後の北朝鮮情勢と日朝関係
(資料番号:18.7.4-2)「平成30年執務参考資料集」(防衛省)第6 情報、軍事情勢、安保対話、防衛交流など
(資料番号:18.7.3-3)「イージス・アショアの配備に係る適地調査の実施について(回答)」(防防戦(防)第306号 30.6.15)1.イージス・アショアの必要性 (1)概要と北朝鮮情勢
(資料番号:18.6.12-2)「トランプ政権のイラン核合意離脱―その中東情勢への影響」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2018年5月号
(資料番号:18.6.1-4)「情報本部情報業務実施要領」(情本計第429号(28.6.6)別冊)情報本部が政府内で広く情勢報告を行う。
(資料番号:18.2.27-1)「アラブの春後の中東情勢」(防衛研究所平成27年度特別成果報告書)
(資料番号:17.12.13-1)「海洋安全保障雑感~米国東海岸便り(No.7)~―中国の在外自国民退避救出作戦と朝鮮半島―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム095 2017/11/28)朝鮮半島情勢が緊迫した場合に、果たして現実はどのように推移して いくであろうか。
(資料番号:17.9.20-1)「朝鮮半島情勢の総合分析と日本の安全保障」(平成28年度外務省外交・安全保障調査研究事業)
(資料番号:17.5.23-1)「最近の国際情勢」(2016年11月29日)部外の有識者向けに海幕が行った説明会で使用されたスライド資料
(資料番号:17.5.23-4)「北朝鮮軍事情勢分析」(政策立案シミュレーション(29.1.26))「安全保障政策立案体験型セミナー」プレゼンテーション資料
(資料番号:16.9.30-2)「湾がん情勢に関連するわが国の役割(米国防省申し入れ)」(第8181号)トランプ氏日本批判の「意見広告」(1987年)と警鐘を鳴らす外務省公電―対日批判の原点は「安保ただ乗り論」
(資料番号:16.9.9-1)「日本をめぐる国際情勢の動向と直面する外交課題―TPP協定、北朝鮮情勢、日中・日韓・日露―」『立法と調査』(参議院事務局企画調整室)第379号(2016年8月1日)掲載
(資料番号:16.8.26-2)「中国情勢~新型大国関係…~~航行の自由作戦…~~抗日戦争勝利70周年…~」(2016年3月1日 海上幕僚監部指揮通信情報部長 海将補 益田 徹也)
(資料番号:16.7.26-2)「朝鮮半島情勢の総合分析と日本の安全保障」(平成27年度外務省外交・安全保障調査研究事業)
(資料番号:16.5.19-3)「国際軍事情勢」(2015年10月 防衛省防衛政策局調査課戦略情報分析室)防衛省記者クラブ勉強会用に作成されたもの
(資料番号:16.3.8-1)「2012年における米中台関係と台湾海峡の安全保障環境の情勢分析」(防衛研究所平成24年度基礎研究成果報告書)台湾総統直接選挙に中国が圧力をかけるために行った台湾海峡での演習を同情報部が分析した報告書
(資料番号:15.11.24-2)「中国情勢~中国人民解放軍の現在~」(2015年9月4日 海上幕僚監部情報班長(前中国防衛駐在官))
(資料番号:15.10.29-1)「Report of the Secretary-General on the situation with respect to piracy and armed robbery at sea off the coast of Somalia」(S/2015/776)ソマリア沖海賊情勢に関する国連事務総長報告
(資料番号:15.9.30-2)「我が国を取り巻く国際情勢」(2015年2月17日 海上幕僚監部)部外への講演用に作成されたスライド資料
(資料番号:15.2.7-1)「2015年の国際情勢と我が国の外交・防衛政策―安全保障法制の整備と地球儀外交―」『立法と調査』(参議院事務局企画調整室)第360号(2015年1月14日)掲載
(資料番号:13.10.3-1)「EU、対シリア武器輸出禁止を解除―今後のシリア情勢に関する10の質問」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2013年6月配信記事 ドイツ一般紙DIE WELT(2013年5月29日付)に掲載された、「シリアの流砂の中で」と題された記事を全訳したもの
(資料番号:12.7.11-1)「平成24年執務参考資料集」(防衛省)第 5 情報、軍事情勢、安保対話・防衛交流など
(資料番号:12.1.31-2)「国連軍地位協定とは何か」『波濤』2011年11月号掲載 4 国連軍地位協定をめぐる国内外情勢の推移
(資料番号:12.1.23-2)「2012年の国際情勢と我が国の外交防衛問題」『立法と調査』 (参議院事務局企画調整室編集・発行)第324号(2012年1月13日)掲載
(資料番号:11.7.19-2)「朝鮮半島における情勢の変化が東アジアの安全保障に与える影響と我が国が取るべき対応」(平成22年度防衛省委託研究)北朝鮮の核弾頭武装とそれによる我が国への恫喝というシナリオを設定し、その状況下での対応を分析したもの
(資料番号:11.7.5-4)「韓国、国防白書2010を発刊」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2011年1月配信記事 北朝鮮情勢及び日本に関連する部分を抜粋し、翻訳
(資料番号:10.11.24-2)「北朝鮮軍事情勢資料集」北朝鮮の軍事情勢に関するものを抜粋・再編集
(資料番号:10.10.18-6)「欧州における核軍縮に関する情勢」『立法と調査』(参議院常任委員会調査室・特別調査室)第309号(2010年10月1日)
〇 『軍事民論』第611号 611号
陸自「作戦法規」集合教育から見た有事に至るまでの情勢進展と陸自の行動
○『軍事民論』第507号(2011年11月7日発行)
 〈特集〉「朝鮮半島情勢と日本の取るべき対応―防衛省委託研究のシナリオ」
○『軍事民論』第499号(2011年7月5日発行)
〈特集〉「資料:陸上自衛隊基礎情報隊が見た北朝鮮情勢」

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。