google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「任務」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:21.10.1-2)「米海軍、無人システムの運用に特化した任務部隊を中東に新設」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム205 2021/09/28)
(資料番号:21.1.21-1)「中国の新しい病院船―南シナ海支配の一翼を担う?―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム184 2021/1/15)中国が武力紛争時に人道的任務を厳格に遵守するか注視必要
(資料番号:20.8.26-2)「軍の海外任務に関するフランスの刑事法制改革」『レファレンス』(国立国会図書館調査及び立法考査局)2020年8月号掲載
(資料番号:20.7.20-2)「人民武装警察法改正に見る有事における海警船舶の任務について」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム168 2020/07/09) 警察→
(資料番号:20.1.27-4)「特集:任務等実施時の指揮関係について」『航空安全情報』(陸幕装備計画部航空機課航空安全班)2018年10月号掲載
(資料番号:19.7.30-1)「米国防省、『北極戦略』を公表」(海上自衛隊幹部学校戦略研究グループ トピックス069 2019/06/14)各軍種への役割・任務等を盛込む
(資料番号:19.4.8-1)「シナイ半島国際平和協力業務実施計画」(2019年4月2日 閣議決定)安全保障関連法で新設された、国連が統括していない任務「国際連携平和安全活動」の初適用
(資料番号:19.4.8-2)「シナイ半島国際平和協力業務実施要領(司令部業務分野)(概要)」安全保障関連法で新設された、国連が統括していない任務「国際連携平和安全活動」の初適用
(資料番号:19.4.8-3)「シナイ半島国際平和協力業務実施要領(連絡調整分野)(概要)」安全保障関連法で新設された、国連が統括していない任務「国際連携平和安全活動」の初適用 連絡→
(資料番号:19.4.8-4)「シナイ半島国際平和協力隊の設置等に関する政令」安全保障関連法で新設された、国連が統括していない任務「国際連携平和安全活動」の初適用
(資料番号:18.9.21-2)「特集:任務等実施時の指揮関係について」『航空安全情報』(陸幕装備計画部航空機課航空安全班)2018年2月号掲載
(資料番号:18.6.1-3)「特集:任務等実施時の指揮関係について」『航空安全情報』(陸幕装備計画部航空機課航空安全班)2017年10月号掲載
(資料番号:18.4.26-1)「想定(11月15日)②」「駆け付け警護」と「宿営地の共同防護」任務付与に関して防衛省が作成した想定問答で、南スーダン政府軍による自衛隊宿営地の攻撃を想定
(資料番号:17.5.22-1)「南スーダン国際平和協力業務実施計画の変更について」(2016年11月11日決裁)派遣部隊に「駆け付け警護」の任務を付与する防衛省の決裁文書
(資料番号:17.4.17-4)「『南スーダン派遣部隊(展開から地域拡大任務準備まで)に係る教訓要報』について(報告)」(研本研第61号電(26.6.11))南スーダンPKO派遣部隊は「戦闘」「武力衝突」「小競り合い」を区別して報告—「教訓要報」(陸自研究本部)が示す事実
(資料番号:17.1.30-1)「南スーダン国際平和協力業務実施計画の変更について(諮問及び答申)」(2016年11月15日 閣安保第678号及び同第679号)「駆け付け警護」の任務付与に伴う「南スーダン国際平和協力業務実施計画」の変更について、国家安全保障会議への諮問とその答申
(資料番号:16.11.16-4)「防衛大臣会見概要」(2016年11月15日0851~0853)駆け付け警護の任務を12月12日から開始する旨の防衛大臣命令を11月18日に発出する表明
(資料番号:16.11.15-2)「新任務付与に関する基本的な考え方」(2016年11月15日 内閣官房 内閣府 外務省 防衛省)「駆け付け警護」任務付与の正当性について政府の見解
(資料番号:16.10.28-1)「南スーダンにおける自衛隊のPKO活動任務に関する質問&答弁書」(内閣衆質192第5号 2016年10月4日)ジュネーブ条約上の捕虜となる事態を想定
(資料番号:15.1.15-3)「今後の国際平和協力活動における法的枠組みの検討-本来任務化に対応する軍事司法制度についての提言-」『陸戦研究』2008年4月号
(資料番号:14.3.19-1)「アメリカ沿岸警備隊の任務と根拠法」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.259(2014年3月:季刊版)掲載
(資料番号:13.8.7-1)「課題答申:弾道ミサイル防衛統合任務部隊(JTF-BMD)における統合・共同的な戦闘管理・指揮統制機能(BMC2)の在り方について」(1術校教1第338号(21.3.18)別冊)
(資料番号:13.3.11-4)「松島基地における災害派遣任務の経験から」『鵬友』2012年7月号掲載
(資料番号:13.2.8-2)「中国漁業監視船、尖閣諸島海域における漁業保護・権益擁護任務を完遂し上海に帰港」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2012年10月配信記事
(資料番号:10.11.25-1)「在外邦人退避関連資料集」「在外邦人等の輸送のための自衛隊の航空機及び船舶の使用等について」「緊急事態の際の自衛隊の航空機又は船舶の派遣に関する外務省と防衛庁の協力体制」「航空自衛隊派遣部隊編成の基準」「統合任務部隊編成図」「WG1及びWG2図上訓練(会議)議事日程」「NEO、邦人輸送の支援所要と対応の可能性」「多数の在外邦人の退避が必要となる緊急事態発生時において内閣官房の行うべき措置について」(2000年7月3日 内閣危機管理監決裁)「19FTX在外邦人等輸送訓練細部実施計画について(報告)」(19.10.22)
(資料番号:10.6.10-1)「与党・国際平和協力の一般法に関するPT第三回会合関連文書 配布資料」任務遂行・妨害排除のための武器使用正当化論 相手方が単なる犯罪集団であることが明白な場合は、「駆け付け警護」や「任務遂行のための武器の使用」は「憲法上当該武器使用が許容される余地がないとは言えない」(配付資料7頁)とする
(資料番号:09.12.7-4)「役割・任務・能力に関する想定問答【17年10月「2+2」共同発表関連】」(番号136) 「『平成17年12月15日付防防防第9397号「米軍再編等に関する検討委員会設置要綱について(通達)』第4で定める『作業チーム』の各々が作成及び収集ないし報告を受けた文書の全て」との情報公開請求に対して、防衛省が開示した文書
□ 『軍事民論』第629号(2019年3月4日発行)8頁
 「防衛省「電話番号簿(自動即時用)」から見た防衛政策の重点―セクションの変遷から分かる今重視されている防衛政策―」
座間の陸上総隊―任務は日米連絡調整

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。