google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

「イラン」関連資料リスト

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...



(資料番号:21.2.18-2)「米国の対イラン制裁再開の影響」(防衛研究所令和元年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:21.2.5-1)「イラン海軍による韓国籍タンカーの拿捕―海洋汚染に関する沿岸国の執行管轄権について―」(海上自衛隊幹部学校戦略研究会 コラム185 2021/02/02)
(資料番号:20.7.15-3)「Report of the Special Rapporteur on extrajudicial, summary or arbitrary executions (targeted killings through armed drones and the case of Iranian General Quassem Soleimani)」無人機攻撃でイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官ら10人を今年1月に殺害したことについて、国連人権調査官が7月6日、国際法違反との見解を示した文書
(資料番号:20.6.25-4)「イラン核合意(JCPOA)の行方と中東における核拡散の可能性」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)(2020年5月31日脱稿)
(資料番号:20.4.13-7)「【アメリカ】イランへの武力行使制限をめぐる動向」『外国の立法』(国立国会図書館調査及び立法考査局)No.283-1(2020年4月:月刊版)掲載
(資料番号:20.2.12-1)「Oil Market Effects from U.S. Economic Sanctions: Iran, Russia, Venezuela」(2020年2月5日 米議会調査局)
(資料番号:20.2.12-2)「Outlaw Regime: Iran’s Destructive Activities」(2018年5月 米国務省)
(資料番号:20.2.5-1)「Iran’s Foreign and Defense Policies」(2020年1月30日 米議会調査局)
(資料番号:20.2.5-2)「Iran Sanctions」(2020年1月23日 米議会調査局)
(資料番号:20.1.7-1)「湾岸地域でのアメリカ軍の縮小とイラン戦力の拡充―サウジアラビアの安全保障をめぐって―」『中東レビュー』(ジェトロ・アジア経済研究所)第7号(2020年3月)掲載
(資料番号:20.1.7-4)「イラン革命防衛隊の経済活動」『中東協力センターニュース』(一般財団法人 中東協力センター)2019年4月号掲載
(資料番号:20.1.7-5)「米国による『最強の対イラン制裁』の効果」『中東協力センターニュース』(一般財団法人 中東協力センター)2018年10月号掲載
(資料番号:20.1.7-6)「核合意後のイラン政治・社会の現況―米国・イスラエルとの対立の中で」『中東協力センターニュース』(一般財団法人 中東協力センター)2018年3月号掲載
(資料番号:19.6.14-1)「イランイラク戦争における船舶航行安全確保のための活動に関する研究」(防衛研究所平成28年度特別研究成果報告書)
(資料番号:19.3.18-2)「イラン・イラク戦争における航路安全確保のための活動」『防衛研究所紀要』第20巻第2号(2018年3月)掲載
(資料番号:19.1.19-3)「イラン無人機の点と線―その意味を問う―」『波涛』2018年4月号掲載
(資料番号:18.6.19-2)「アメリカのイラン核合意離脱が意味するもの」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第75号(2018年6月13日)
(資料番号:18.6.12-2)「トランプ政権のイラン核合意離脱―その中東情勢への影響」『ブリーフィング·メモ』(防衛研究所)2018年5月号
(資料番号:17.10.6-1)「北朝鮮とイランの軍事協力―北朝鮮の対中東軍事協力政策における位置づけ―」『防衛学研究』第57号(2017年9月)掲載
(資料番号:15.7.16-1)「Joint Comprehensive Plan of Action」(Vienna, 14 July 2015)イラン核問題に関する最終合意
(資料番号:17.5.12-1)「イラン核開発問題の進展とイスラエルの政策オプション」(防衛研究所平成25年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:16.12.27-1)「北朝鮮とイランを巡る各国の制裁について」(防衛研究所平成27年度特別研究成果報告書)
(資料番号:15.12.6-1)「Final Assessment on Past and Present Outstanding Issues regarding Iran’s Nuclear Programme」(2015年12月2日 IAEA)国際原子力機関(IAEA)のイランの核兵器開発疑惑の最終報告書
(資料番号:15.6.6-1)「Iran’s Foreign Policy」(2015年5月5日 米議会調査局)
(資料番号:15.6.6-2)「Iran, Gulf Security, and U.S. Policy」(2015年5月28日 米議会調査局)
(資料番号:15.5.19-1)「Iran: U.S. Concerns and Policy Responses」(2015年4月14日 米議会調査局)
(資料番号:15.3.7-2)「イランのA2/ADと米国アウトサイド・イン構想―『機雷戦』の視点から―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第3巻第2号(2013年12月)
(資料番号:15.1.6-1)「Iran: U.S. Economic Sanctions and the Authority to Lift Restrictions」(2014年12月11日 米議会調査局)
(資料番号:14.4.24-1)「アウトサイド・イン構想―イランのA2/ADを打倒する―」『海幹校戦略研究』(海自幹部学校)第3巻第1号増刊(2013年9月)掲載
(資料番号:14.3.7-1)「イラン核開発問題とペルシャ湾岸の安全保障環境」(防衛研究所平成24年度基礎研究成果報告書)
(資料番号:13.11.20-1)「イランの世界的戦力投射ネットワーク:イスラム革命防衛隊のクッズ部隊及びレバノンのヒズボラ」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2013年8月配信記事
(資料番号:13.2.25-1)「Weighing Benefits and Costs of Military Action Against Iran」(The Iran Project 2012年)イランに軍事攻撃を加えても核兵器開発を最大4年間遅らせられるだけであることの予測
(資料番号:12.12.6-1)「イラン核問題であまり知られていない四つのこと」『基礎情報隊資料』2012年8月配信記事
(資料番号:12.1.5-1)「イラン海軍」『基礎情報隊資料』(陸自基礎情報隊)2010年4月配信記事
(資料番号:11.12.6-1)「Implementation of the NPT Safeguards Agreement and relevant provisions of Security Council resolutions in the Islamic Republic of Iran」(8 November 2011)イランの核問題に関する報告書
(資料番号:10.11.22-1)「米国の対イラン経済制裁と国際投資—イラン・リビア制裁法を巡る事例分析—」『外務省調査月報』2003年度No.2掲載
(資料番号:10.8.6-1)「イランに対する国連安保理決議を受けた外国為替及び外国貿易法」(2010年8月3日)イランへの核関連物資及び資金の移転防止の措置
(資料番号:10.6.14-3)「イランの核問題に関する国際連合安全保障理事会決議第1929号の採択について」(外務大臣談話 2010年6月10日)
(資料番号:08.1.28-1)「イラン核開発問題の戦略的インプリケーション」 *平成17年度防衛研究所指定研究成果報告書。

□ 『軍事民論』第658号(2020年10月5日発行)…4頁 *抜粋はここをクリック。
中東派遣部隊の『情報収集活動』はイランに対する偵察である―海上自衛隊『情報教範』からの考察―
□ 『軍事民論』第643号(2020年2月4日発行)…9頁
 グレーゾーン事態と柔軟抑止選択肢(FDO)―導入の狙いとその背景―
 〈みんろん・トピックス〉中東派遣自衛隊はイラン軍に対する偵察も行う

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。