google-site-verification=bsh9Vc0JE-gs5XhAa5d60ynarygvmIr38GwKW8JySfM

自衛隊調達巡り(123)帰国者停留及び人員輸送役務(タリスマン・セイバー21参加者隔離?参加勢力縮小の可能性?令和3年8月7日~同22日)

アーカイブ
カテゴリー
広告
Loading...

入札日:令和3年7月1日
陸上自衛隊第363会計隊(相浦駐屯地)
帰国者停留及び人員輸送役務(令和3年8月7日~同22日)
https://www.mod.go.jp/gsdf/wae/info/nyusatu/wa-fin/03/363_0621_013_0.pdf

 この調達に当初気が付かなかったが、履行期間と仕様書に関する問い合わせ先から紐づいたものである。仕様書が付されていないので細部は分からない。
 この調達が(119)の履行期間と全く同じであり、仕様書に関する事項の問い合わせ先として水陸機動団本部第3科となっていることから、これは水陸両用訓練「タリスマン・セイバー21」の参加者についての隔離処置だろう。第3科であれば作戦担当であるから辻褄が合う。

(119)
https://sucanku-mili.club/%e8%87%aa%e8%a1%9b%e9%9a%8a%e8%aa%bf%e9%81%94%e5%b7%a1%e3%82%8a-2/1171/

 タリスマン・セイバー21については、令和3年6月25日~同年8月7日までだから、すでに現地に行っているわけだ。

陸自、英国加え米豪と上陸訓練 対中けん制策 2021/6/24 20:58 (JST)6/24 21:10 (JST)updated
https://nordot.app/780763435000299520

 参加人数等については不明であるが、タリスマン・セイバー19には第1ヘリ団を含めて330名だそうだ。今回の訓練実施部隊は第2水陸機動連隊ということだが、即応態勢を維持する必要からも1個中隊程度ではないだろうか。
 国外への輸送そのものについては中央輸送隊が絡むだろう。この調達は国内からの輸送分と16日間の宿泊費用だが、数百名もの人員をこれだけの日数連泊するとなるとどの程度の金額になるのだろう。
 部隊の会計についてあまり明るくないので不明だが、会計隊の保管できる手元保管金は100万円程度である。契約履行後、業者に交付される納品書や監督調書などと引き換えに資金が支払われるが、会計隊の権限の金額内で支払えるということなのだろうか。
 普通、安宿でも一泊素泊まり3千円ぐらいはする。100人ならそれだけで30万円である。それが16日連泊なら480万円になる。
 人員輸送についても、公告の掲示場所についてはHPもあるが、相浦、大村及び竹松駐屯地、海自佐世保地方総監部並びに佐世保商工会議所であるから、最寄りの空港から、これらの地域内の宿舎までなのだろう。(119)と同じく感染防護をした車両をチャーターするとなると1日で大型バスなら1台5~6万円より上ではないだろうか。2台ならそれだけで十数万円だ。
 例年なら感染対策は不要な出費である。ひょっとすると例年より規模を縮小している可能性もあろう。
 大勢宿泊するし、入札に掛けるから多少は安くなるかもしれないが25人程度なら100万円以内に収まるのかもしれない。おそらく演習場のあるオーストラリアも、コロナ禍では入国者をなるべく絞りたいだろう。自衛隊としても16日間も余計に隊員を拘束しては即応態勢に影響するから、縮小している可能性はあるだろう。

みのごり@自動収益で100万円稼ぐノウハウ無料公開中
https://7-floor.jp/l/c/uAI904Zm/wtMHDJW1/
少ないフォロワー数でもガンガンに稼げる唯一無二のノウハウ ツイブラ
https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/wtMHDJW1/

▼CP▼【LP1】システムアフィリエイトプロジェクト2.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。